SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

ブラック・ジーザス

先日からカトゥーン・チャンネルの深夜の大人のお楽しみ(と書いても私が住んでいる所では10時代ですけど)、アダルト・スイム内で放送が始まったのが、『ブーンドックス』のアーロン・マックグルーダーが制作のアニメではなくライブアクション『ブラック・ジーザス』!1話目終了後に早速書こうと思ったけれど、いちよう焦らず2話目見てから...と思い、忙しくて3話目見てからになってしまいました。とにかく面白くて、ケラケラ...3話目にはヒィーヒィー笑っていたら、心配して家族が私を見に来た程です。というのも、別の部屋で隠れてみていたので... タイトル通り黒人のジーザスがLAのゲトーの一つであるコンプトンに住んでいたら?という設定。その設定が無茶苦茶で、1話目が放送後に物凄く批判された。うちの夫もその1人で「もうタイトルから許せない!」という事で、私は1人でこっそり見ていた訳です。

ジーサス(”スリンク”・ジョンソン)は、白い衣にブラウンのケープを付け、サンダルを履き、髪もサラサラに長くヘッドバンドもつけていた。見た目は完璧なジーザス・クライスト。人々に愛と親切を問うためにロサンジェルスのコンプトンに現れた。そんな彼を慕う若い取り巻きが居て、太めのブーニー(コリー・ホルコム)、サグ感満載のフィッシュ(アンドラ・フュラー)、男勝りなマギー(カリ・ホーク)、使いっぱになっているトレイヴォン(アンドリュー・バチェラー)、警察官の彼女がいるジェイソン(アントワン・タナー)だ。ジーサスは、他のコンプトン住人と全く変わらない言葉を巧みに使い、若い彼らと溶け込んだ。ジーサスは町の呑んだくれのホームレスのロイド(ジョン・ウィザースプーン)にも優しい。しかし、フィッシュが住んでいるアパートの大家であるヴィック(チャーリー・マーフィ)は、そんなジーザスに目を光らせている。ジーサスと取り巻きはヴィックのアパートの広場で「キリストの血(ワイン)」も用意された「聖餐式(BBQ)」をしていたが、ヴィックに外でBBQグリルは禁止だ!と怒られる。しかも、頼りにしていたハーブ(マリファナ)が手に入らない事が分かると、ジーサスと取り巻きは「我がコンプトンにハーブのガーデンを作り収穫しよう!」と奮闘するも、メキシカン・ギャングとの縄張り争いなどになり...

と、キリスト教の人なら絶対に怒る内容でしょ?しかし批評家達は割りと好意的な評価をしている。「特に深いとかは言わないし、新聞には書けないような言葉に満ちているが、気立ての良く、他のTVに溢れる番組に比べると、このコメディは優しく希望に満ちている」とまで評されている。確かにこれだけの内容なのに、最後はたまに気持ちがほんわかしてしまう時がある。

黒人コミュニティにはキリストや教会というのが多大な存在感を示している。最近では映画でもそうだ。タイラー・ペリーの活躍によってその存在感の大きさを明らかにしているのだ。しかし、正直タイラー・ペリーが描く「とにかく許せ」というのに、私はウンザリしていた。それは最近のタイラー・ペリーの興行成績にも現れていると思う。昔は1位が当たり前だったが、今は苦戦している。その中で出てきたアーロン・マックグルーダーの『ブラック・ジーザス』。彼らしくエッジに若者でも分かるような言葉と映像で、時には面白すぎでやりすぎな言葉でもあるが、基本はキリスト教の愛と優しさを説き、黒人コミュニティの問題に警鐘を鳴らすのであった...

Adult Swim Shows