SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Gimme the Loot / 日本未公開 (2012) 1113本目

また例の気味悪い映画館で観て来た。今回は広い映画館の中に一人。なので映画にかなり集中出来たね。古い映画館なので、映画の中でシーンとなる場面になると、隣で上映中の音が聞こえてくるけどね。映画はとーーーーってもチャーミング。面白かったけど、日本じゃ上映はまず無いだろうねーという作品ではあります。

ニューヨークを舞台にしたグラフィティ映画。でもそのグラフィティを楽しみに観に行くと、肩透かしを食らう。グラフィティがメインの一つではあるけれど、グラフィティ自体は「Wild Style / ワイルド・スタイル (1983)」程出てこない。どちらかというと、グラフィティで有名になろうとしている男女2人の成長期がメイン。マルコムとソフィアの2人は、良い感じの作品を描いたのに、すぐにライバルによって滅茶苦茶にされてしまう。野球のニューヨーク・メッツのホームグランドには、メッツの選手がホームランを打つとアップルが現れるホームランアップルがある。ライバルへの仕返しに、そのホームランアップルにグラフティを描くことを思いつく。しかしそれには500ドルが必要。それぞれがお金を調達する事で話はついたけれど、お互いにそれが中々上手く進まない。ソフィアは自転車盗まれるし、ライバルに捕まってお金は取られるし、Tシャツにタグされる始末。マルコムは、マリファナの配達人をしてお金を稼ごうとしたけど、今までサボったりで元締めに門前払い。門番している下っ端を上手く言いくるめて、マリファナを配達。その配達先が、白人のリッチな女の子ジーニーのアパートだった。2人はマリファナ吸っている間に良い感じになって、マルコムはジーニーは自分に気があると思い込む。そして彼女がお金を隠している場所も知っていて、その鍵はジーニーがネックレスにしていた。それさえ手に入れば...と単純な妄想で、盗もうとするけれど... 

所で、タイトルはノートリアスB.I.Gの曲からって分かるよね?「戦利品をよこせ」という事。戦利品とは、戦ってもらったものじゃなくて、盗品をさらに盗むって事。盗んできた物だから、足が付きにくい。ビギーも同タイトルのラップの歌詞の中で「分かってるって。説明は不要。奴隷船で連れてこられて以来、ずっとマザーファッカー共から盗んでるからな」と。ずっと搾取されてきたので、白人からは盗んでも気が引かない。そのメンタリティはこの映画でも見られる。何にも苦労(してないように見える)白人のお金持ち、しかもその子はマルコムの心を踏みつけたのもあって余計に、彼等には羞恥心は無くなる。そして夢に夢中過ぎるのもある。でもとあるシーンで、そんな2人が「俺たち何やってんだろ?」と素になるシーンがある。そこが良いよね。そこから2人が変わっていくんですよ。彼等にとって本当に必要なのは何か?と。

2人の性格も面白い。女の子のソフィアは男の子並、いやそれ以上に言葉使いも悪く、勝気。着ている服とか髪型を見ても、周りの男の子を全く意識していない。しかも何か汚いw。一方のマルコムは、のほほーんとして抜けている。でも饒舌。人懐っこい。マルコムが靴を忘れて、ずっと靴下だけでニューヨーク中を歩いているのも、なんかチャーミング。この靴の部分は上手かったね。後でああやって靴が巡ってくる。悪い事ばかりじゃー無いんだ。

で、感想にも書いたように、この映画はキックスターターというウェブサイト発。キックスターターは、一般人が気に入った案件に投資出来るシステム。私も幾つか投資している。このサイトの良さは1ドルや5ドルでも投資出来る所。そして投資した一般人には投資額によって、何かおまけ的な見返りがある。インディ映画祭の最高峰サンダンス映画祭。そのサンダンスよりも、より小規模で個性的な作品が並ぶSXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)祭にこの映画は出展された。SXSWは映画だけでなく音楽の面でも話題。新しいエンターテイメントのミクスチャー祭。そしてそこで審査員賞を受賞している。さらには「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」や「Thunder Soul / 日本未公開 (2010)」のように、もう作品自体が完成した後に、有名人が宣伝の為に制作者に名乗り出た。その人は、監督のジョナサン・デミ。SXSWで公開され、ジョナサン・デミが目をつけた。それによって、今回限定ではあるけれど、劇場公開にまで至った訳です。なんていうか、全てが新感覚。映画は、割と今まで通りの作りなんだけどね。とにかくチャーミング!!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:4/29/13:劇場にて鑑賞)