SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Ghost Dad / ゴースト・パパ (1990)

Cast >> Bill Cosby (Elliot Hopper), Kimberly Russell (Diane Hopper), Denise Nicholas (Joan), Ian Bannen (Sir Edith Moser) ...
Director >> Sidney Poitier
Writer >> Brent Maddock, S.S. Wilson, Chris Reese
Producer >> Terrence Nelson
Genre >> Comedy

総合ポイント 3点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 3 演出 >> 3 音楽 >> 3

Worship him? I AM Satan!
エリオット・ホッパー(ビル・コズビー)は、木曜日に会社で昇進になるかどうかと言う大切な時期を迎えていた。妻は亡くなっていたが、その大事な時期ゆえに、ティーンの娘ダイアンの大事なバースデイも忘れていた。そしてまだ小さい下2人の兄妹の事も、ダイアンに任せてばかりいた。そんな時、エリオットは正気沙汰ではないタクシーに乗ってしまい、なんとタクシーごと川に落ちてしまった。いつもと様子は変だが、何とか家にたどり着いた。なんとエリオットはゴーストとなっていたのだった...

テレビでは一世を風靡したビル・コズビー主演のコメディ。シドニー・ポワチエが監督。二人は70年代にポワチエが監督・主演で、「Uptown Saturday Night (1974)」、「一発大逆転 (1975)」、「ピース・オブ・アクション (1977)」という3部作を制作し、黒人の間ではクラシックコメディとして知られている作品を作った仲でもある。久々の共演が話題になっていた。しかもコズビーは80年代半ばから90年代にかけて「コズビー・ショー」でお茶の間を席巻する人気を誇った後の作品である。多くの人は、彼等の再結成に胸弾ませていた。
この作品でコズビーは、医者で裕福だった「コズビー・ショー」とは違い、仕事はあるがお金にはそんなに余裕の無い父親を演じている。昇進を控え、昇進さえすれば、会社の車に、そして医療保険も付く!と、ワーキングクラスの男を演じているのが印象的だった。しかし映画は、脚本と物語がイマイチ。ゴーストとなった父親の姿に悲しみも驚きもしない子供たちは、余りにも不自然。コメディ故か、色々な事があっさりとし過ぎていた。しかし、タイトルから容易に父親が死ぬんだろうとは想像していたが、来る来ると思いながらも中々死なないのは面白かった。ポワチエの煽りかたの演出が上手かった。

コズビー・ショーで誰もが憧れる父親像で魅了し伝説となったビル・コズビー。そして映画界で伝説となった演技力を誇るシドニー・ポワチエ。彼等がまた組めば、また伝説となるはずだったのに...

(3/7/13:DVDにて鑑賞)