SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

The Intouchables / 最強のふたり (2012) 1094本目

フランスで記録的なヒットとなった作品。東京国際映画祭で東京サクラグランプリや最優秀男優賞を取ったのを皮切りに、色々な映画祭でも話題。本国フランスのアカデミー賞的なセザール賞や、先日は日本のアカデミー賞でも外国語部門を受賞した。日本、どんだけこの映画好きなのよ!ってな訳ですよ。でもそうなると、アメリカでは中々観られないよねー。日本の方が、アメリカ以外の映画を観る環境は優れているよね。移民の国なのに、映画だけは世界観狭っ!まー、一般人のアメリカ人って、字幕苦手。やっとDVDになったよ。

ヒップホップ好きの私が、これ見て思い出したのが「Disorderlies / ファット・ボーイズの突撃ヘルパー (1987)」!!つーか、まんま同じじゃないかー!!体が不自由で動けない男性が、黒人の青年(達)との交流を描いている。しかも動けない男性が大富豪で、黒人青年が貧しいっていう設定まで同じ!しかも黒人青年が、無神経で無茶する系まで同じ。リメイクなん?と思ったけれど、さすがにこのファット・ボーイズの映画をメンションする人は誰も居ない。お互いの世界を行き来して、お互いが開眼するのも同じなんだけどねー。というか、そのファット・ボーイズの映画で大富豪を演じていたお爺さんラルフ・べラミーと言えば「Trading Places / 大逆転 (1983)」も、この映画と同じく階級が入れ替わって開眼するよね。

でもこの映画の上手さは冒頭かな?説明も何も無く、いきなりオマール・シーが演じているドリスが超良い車に乗っていて、中年白人フィリップを乗せて、物凄いスピードで走っている。警官にもちろん捕まるけど、フィリップと共謀で難なく警官クリア。しかもそのフィリップは車椅子だという事も分かる。ERに行くのに楽しそうだなって思っていたら、去って行く。何なの?と思っている所から、物語が戻って始まる。で、また最後、このシーンに戻る。なるほどー!!上手い!起承転結で言えば、この映画は転起承転結で描かれている。あのシーンはドリスとフィリップが既に固く結ばれていた後だったっていうのが分かった時に、ウォーってなったね。

まあ、オマール・シーとフランソワ・クリュゼが素晴らしい!本当にタイトル通りに最強のふたり。ドリスは人たらしよね。それこそタイトルのIntouchable(英語ではアンタッチャブル)のザキヤマぽい。超てきとーで人の懐にぐいぐい来る。フィリップの足にお湯掛けるシーンは、ザキヤマがロンハーでカンニング竹山の髪の毛を濡らしている姿と同じだね。悪気が無くて、ケラケラ笑ってる。そしてフィリップにはもちろん、フィリップの娘やイヴォンヌとかとも仲良くなってるし。フィリップの娘のモップ頭の彼氏に会いに行くシーンとか面白い。

そしてアース・ウィンド・アンド・ファイアーとクール・アンド・ザ・ギャング好きのドリスが、自分の世界に戻った後に、ドクター・ドレのヘッドフォンBeatsでクラシック聴いているシーンも好き。

体の不自由な人も、人それぞれで色んな人が色んな意見を持っていると思う。健常者がどう彼等に接するか?という事で、正解はないと思う。この2人はたまたまその価値観が一致したんでしょうね。

とは言え、この元となった実在の話は、ドリスはアフリカからの移民じゃなくて中東系の移民なんだよね。それがアフリカ系となったのは、アフリカ系のゲトーの方が描きやすいっていう事なのかしら?元々のフランスの階級社会では、アフリカ系との差が明らかに違うから??中東はそうでもないの??というのが、頭でちょっと邪魔したね。そこの部分がこの映画での一番のアンタッチャブルな部分だったりして?

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:3/6/13:DVDにて鑑賞)