SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Intouchables / 最強のふたり (2012)

Cast >> Francois Cluzet (Philippe), Omar Sy (Driss), Anne Le Ny (Yvonne) ...
Director >> Olivier Nakache, Eric Toledano
Writer >> Olivier Nakache, Eric Toledano
Producer >> Nicolas Duval-Adassovsky, Laurent Zeitoun, Yann Zenou
Genre >> Comedy
Country >> France

総合ポイント4.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 4 音楽 >> 5

the chemistry of nature
パリの貴族階級で億万長者のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、首から下が動かせない体の不自由な中年男性だった。世話する人もフィリップの気難しさもあって、すぐに辞めてしまう。新しく面接に来たのがドリス(オマール・シー)だった。彼は仕事には興味がなく、失業保険の書類にサインしてもらうだけの為に来た。しかし、フィリップはそんなドリスを採用してしまう。嫌がるドリスだったが、フィリップとの賭けと、家から追い出されたのもあって、引き受ける事になった。そんなふたりが生活を始めるが...

本国フランスでは記録的なヒットとなった作品。オマール・シーがセザール賞東京国際映画祭で主演男優賞に輝いた。健常者は、体の不自由な人達に対して、どう接するのが良いのか?正直、これに正解はないと思う。フィリップみたいに、同等に扱われたい人もいれば、そうじゃない人も居ると思う。日本で電車に乗ると、お年寄りに席を譲るんだけど、極端に嫌がる人も居る。
オマール・シーの明るさと、顔と台詞でしか演技が出来ないフランソワ・クリュゼの対照的な演技が見もの。物語はハリウッドでも昔からあるので、ちょっと残念。

フィリップとドリスの関係は、一種の化学反応だ。どうなるか分からないなら、試してみる他ない。それで上手くいったのが、ドリスとフィリップ。人の関係とは、そういうものかもしれない。

(3/6/13:DVDにて鑑賞)