SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Django Unchained / ジャンゴ 繋がれざる者 (2012)

Cast >> Jamie Foxx (Django), Kerry Washington (Broomhilda), Samuel L. Jackson (Stephen), Leonardo DiCaprio (Calvin Candie), Christoph Waltz (Dr. King Schultz), Don Johnson (Big Daddy), Franco Nero (Bar Patron) ...
Director >> Quentin Tarantino
Writer >> Quentin Tarantino
Producer >> Harvey Weinstein, Reginald Hudlin, Pilar Savone, Stacey Sher
Genre >> Western
Country >> USA
Release (US) >> 12 / 25 / 2012
Release (JP) >> 03 / 01 / 2013

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

"Django. The D is silent"
1858年ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、奴隷としてスペック兄弟に売られ、鎖でつながれ歩いていた。その時にドイツ人の歯医者だというキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)が夜中にやってきた。シュルツはスペック兄弟を殺し、ジャンゴを自由にした。シュルツは歯医者ではなく、賞金稼ぎだった。ジャンゴはシュルツが狙っているブリトル兄弟の顔を知っていた。シュルツはジャンゴが一緒にブリトル兄弟を探す代わりに、ジャンゴを自由にし、どこに売られたか分からないジャンゴの妻ブームヒルダ(ケリー・ワシントン)を一緒に探す事を約束するのだった。ジャンゴの妻ブームヒルダは、悪名高いミシシッピーのキャンディ(レオナルド・ディカプリオ)の所にいる事を突き止めたが…

クェンティン・タランティーノ監督の最新作は、なんとウェスタン映画だった。しかも奴隷を主役にしたウェスタン。ウェスタンに奴隷が出た事はあるが、主役だった事は未だかつてない筈だ。奴隷解放宣言が出される少し前の事。奴隷側に蓄積された怒りがあった頃の話。冒頭で真っ先に目にするジャンゴの背中は、その怒りと歴史が克明に記されており、ジャンゴがどんな男なのかすぐに分かるのだ。それを見たシュルツの表情も印象的。またクー・クラックス・クランを思わせる人達の場面も非常に滑稽だ。タランティーノらしい批判の仕方が非常に気に入った。物語も上手くて、容易に惹きつけられる。

確かにジャンゴは黒人で奴隷である。黒人にとっての悲しい歴史をジャンゴは背中に重く背負っている。しかし今までとは全く違う。ヒーローではないし、アンチヒーローでもない。白人のために命を張ったかもしれないが、それは自分自身が欲する物を得る為だけ。ジャンゴはジャンゴと妻の為に戦ったのだった。そんな奴隷映画は未だかつて観たことがない。ラストのジャンゴの背中は今まで一番カッコいい黒人男性の背中だ!

(12/30/12:劇場にて鑑賞)