SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Retrieval / 日本未公開 (2013)

Cast >> Ashton Sanders (Will), Tishuan Scott (Nate), Keston John (Marcus), Bill Oberst Jr. (Burrell), Christine Horn (Rachel), Alfonso Freeman (Isaac), Raven Nicole LeDeatte (Abby) ...
Director >> Chris Eska
Writer >> Chris Eska
Producer >> Jacob Esquivel, Jason Wehling
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 4

"You can travel with me long as you want"
1864年南北戦争も終盤を迎えていた頃、まだ少年のウィル(アシュトン・サンダース)は家族を失いおじのマーカス(ケストン・ジョン)と生活していた。マーカスとウィルは白人の逃亡奴隷を追う賞金稼ぎの白人バーレルに使われており、彼らはそれによって自由を得ようとしていたが、結局は奴隷のように使われていた。バーレルは、マーカスとウィルに別の町で墓堀の仕事をしているネイト(ティシュアン・スコット)を呼び出して来いと命令した。連れて来ないで逃げたら、2人を殺すと脅した。マーカスとウィルは、ネイトを探し見つけ出すと、ネイトの兄弟が死の床につきつつある、兄弟はネイトに会いたがっているとウィルは嘘をネイトに伝えた。3人はネイトの故郷に戻ろうとするが、途中でマーカスは白人に殺されてしまう。それでもウィルはネイトを故郷に連れ戻そうとするが、ウィルとネイトの間には不思議な関係が築かれつつあった...

『ジャンゴ』の成功により奴隷映画が近年また増えてきたけれど、この映画はその中でも異色。ごくごく真面目なドラマ作品。しかも上手い!もうすぐ南北戦争は終わりに近づいていて、それが終われば奴隷が開放されるというのを観客は理解している。しかしその奴隷制で黒人の家族はバラバラになっている。ウィルの家族もバラバラというか、ウィルとマーカスしか残っていないし、ネイトもまた家族がバラバラであった。逃亡に成功したけれど、妻とは17年も会えていない。迎えに行きたくても行けなかった。そんな中でウィルとネイトは出会ってしまうのだ。ウィルとマーカスは家族ではあるけれど、愛情はほぼ無い。マーカスは自分が生きていくのがやっとで、正直ウィルのことはどうでもいいのだ。そしてネイトが登場する。彼も生きる事に必死ではあるが、愛情のある男で、どことなくミステリアスで、何でも器用に出来るこの男はウィルにとって気になる男であった。ウィルは少年らしい真っ直ぐさをネイトに体当たりしていく。妻と家族を築けなかった男にやってくる父性。2人は欲しかったものを見つけてしまったのだ。「好きなだけ一緒に旅していいよ」と言われて、一人こっそり泣く少年の涙が、観客をたまらなくさせる。

歴史を知る。そして家族とは何か?を知る。この英語タイトル通り、救済され、そして捜し求めていたものなのだ。

(2/24/15:ストリーミングにて鑑賞)