SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

"30 for 30" Benji / 日本未公開 (2012)

Cast >> Ben Wilson, R. Kelly, Nick Anderson, Common, Juwan Howard ...
Director >> Coodie Simmons, Chike Ozah
Producer >> Amani Martin, Ted Schillinger
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 5

Chicago, Basketball and Benji
シカゴにある強豪のシミオン高校のバスケットボールチームで活躍していたベン・ウィルソン。優勝も果たし、シカゴでナンバーワンの称号を手に入れ、大学からも声のあり、彼の住む町では大スターであった。3年のシーズン目前に、彼は銃で倒れたのだった...

我々が知らないこと名前の青年の事を、ニック・アンダーソンやジュワン・ハワードといったNBAのスーパースター達から、Rケリーやコモンといった別の世界のスーパースター達が親しみを込め、時には涙を浮かべて語る。彼よりも年下になるコモンは「彼がプレイしているのを見るだけでワクワクした。カリスマがあってスーパースターそのものだった」と語っているのが、このベン・ウィルソンという青年の姿を浮き彫りにしていく。30年近くたった今でも、チームメイトだったニック・アンダーソンは号泣しながら語るのだ。そんな姿を見せられたら、ベン・ウィルソンという存在がどんだけシカゴの町にとって大きかったか分かる。地域の住民は、一般住民もギャングスタも彼に一目置いて、彼を守ろうとしていたという。しかし起きてしまった間違い。救急システムも機能していなかったので、彼の命は奪われてしまった.. 彼の同級生達が号泣している姿を見て、こちらも思わず涙ぐむ。と、シカゴに生まれ住んでいなくても、遠い日本で生まれたけれど、思わず感傷的になるような作り。

この手の映画ドラマもあるし、幾度も似たような作品を見てきた筈なのに、また号泣し途方に暮れる。バスケットボール世界ナンバーワンである筈のアメリカ。なのに一体何なんだろう?やるせない思いと切ない気持ちが溢れ出てくる作品なのだ。

(10/23/12:TV放映にて鑑賞)