SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Cuba Fury / カムバック! (2014) 1270本目

クインシー・ジョーンズの出来る娘ラシダ・ジョーンズニック・フロストと絡むというので見たけれど、面白かったー。『ソウルガールズ』でいい味出していたクリス・オダウドが共演でニック・フロストのライバル。配役も最高だよね!

ブルースは小さい頃にサルサのダンスシューズを履いた時から、サルサダンスの神童であった。コーチのロン・パーフィットイアン・マクシェーン)の指導もあって、妹のサマンサをパートナーに様々な大会で優勝。いよいよ、全国大会に出場というその目前に町のいじめっ子達により、ブルースはボコボコにされ、サルサの衣装や靴を「バリー・マニロウか!」とバカにされた。それを機に、ブルースはサルサの靴を脱いでしまう。時が経ちブルース(ニック・フロスト)は、ハイテク企業で働いていたが、見た目は太り気味でまったくイケテいないただのオッサンとなっていた。しかも女性には奥手。同じ職場のドリュー(クリス・オダウド)とは正反対。しかもそんなドリューにいつも言われぱなしであった。その会社に、アメリカから新任の上司がやってきた。ジュリア(ラシダ・ジョーンズ)というチャーミングな女性だった。ブルースは俺なんて無理と最初から諦めていたが、パブで偶然にジュリアを目撃。追うと、彼女はサルサダンスの教室に通っていたのだった。ブルースはジュリアに近づく為にも、またサルサの靴を履く事を決める。昔のコーチであるパーフィットにお願いに行くが...

と、私が書いた所まではまあまあ普通。それ以降からが面白くなるよ!というのも、パーフィットの教室にいる男が最高!中東系のちょっとオネエ系の男ベジャン(ケイヴァン・ノヴァックKayvan Novakでいいのかな?)が出てきてからどんどん面白くなって、この人が言う度にケラケラ笑っておりましたよ。それに終盤のニック・フロストとクリス・オダウドのダンス対決が、くだらなくて最高ー!あんなくだらなくて最高なダンス対決を見たのは、『The Meteor Man / スーパーヒーロー・メテオマン (1993)』のヴォーグ対決以来だわ!ニック・フロストは『ステップ・アップ2:ザ・ストリート』が好きで(もちろん彼らしいジョーク)、あんな感じのダンス映画を撮りたかったと言っていたけど、あの対決は最高だね。しかもこのシーンで、あのニック・フロストの相棒が... ふふふ。一瞬過ぎで分からない感じだけど、あの独特な丸顔で分かったわ!

なんていうか、ニック・フロストアメリカで言うなら、ケビン・ジェームス的かな?動きのいいデブ。そしてコロコロしていて動く姿が愛らしくて可愛い。だからか恋愛映画でも無理無いの。そんなニックが一生懸命に踊るのでタマラナイです。しかも撮影7ヶ月前からミッチリとサルサを練習したらしいので、その片鱗をうかがわせておりますよ。一瞬、あれ?『フラッシュダンス』のオマージュ?っていうのがあって、まさかねと思ったけど、画像探していたら、こんなポスター見つけたので、あれはやっぱりフラッシュダンスだったんだ!何ていうか、ニック・フロストがベン・スティーラーの『ドッジボール』のサルサ版をやってる感じ?そしてクリス・オダウドは、この映画で滅茶苦茶悪いよー。でも相変わらず飄々として笑ってしまいます。トム・ハンクスの若い頃のコメディ時代を思わせるね。ジュリアのアパートでパンツの時の顔が最高。

ブルースがトラウマを克服していくのもいいけれど、この映画の好きなところがもう一つ。それはブルースとサムの兄妹の仲!サムを演じた女優さんも最高でしたわ。イギリスって、こういう助演女優が上手いんだよね。そこに底の厚さを感じますわ。あと全く関係ないけど、劇中に出てくるサルサ・チャンピオンの女性が、髪が長い頃のリアーナにそっくり!リアーナ似のサルサ・ダンサーが居るイギリスって、やっぱり底が厚い!!

ラシダは安定感のチャーミングさ!やっぱり出来る娘は違うねー。クインシーから才能を、ペギー・リプトンからそのチャーミングな容姿を受け継いだ最高のサラブレッドだね。

日本でも10月から公開らしいので、期待してどーぞ!レッツ・サルサ!!

日本オフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)