SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Battle of the Year / 日本未公開 (2013) 1181本目

ダンス青春映画。80年代のそれは好きだった。というか、「フットルース」というケビン・ベーコンが出ていたそれが無かったら、アメリカの映画を好きになっていたかどうか... そして「フェーム」に「ダーティ・ダンシング」ですよ。たーいむ・おぶ・まーい・らーーいふ♪ 青春。私のせいしゅーーーん!でも00世代に入って「Save the Last Dance / セイブ・ザ・ラストダンス (2001)」以降、それが苦手になりました。私が大人になっちゃったというのもあるのかなー。なんだろう?胡散臭くて、気持ち悪い。カッコ良さが足りない。なんかダサい。80年代のそれはダサカッコ良い!だった。だからこそ、「最近のはダサいんだよー!」と、それをおちょくったウェイアンズ家族の「Dance Flick / 最強絶叫ダンス計画 (2009)」は最高だった。しかし、80年代から一貫してウェイアンズ帝国は作品がずっとカッコいいなんて、凄いねー!って、なんのこっちゃ!!

これはね、クリス・ブラウンが出ている。監督は韓国系アメリカ人のベンソン・リー(サッカーの松井大輔似)。彼はこの映画のタイトルにもなっている、ブレイクダンスの世界大会「バトル・オブ・ザ・イヤー」についてのドキュメンタリー映画Planet B-Boy / プラネット B-BOY (2008)」の監督。その「バトル・オブ・ザ・イヤー(BOTY)」を舞台にしたダンス青春映画。その大会で近年優勝しているのが、日本だったり韓国だったりフランスだったりで、アメリカチームは3位内に入るのがやっと。でもB-ボーイはアメリカ発祥!その故郷に優勝を戻そう!!と、やっきになる青春映画。「Avatar / アバター (2009)」でカッコいい青だったラズ・アロンソが昔B-ボーイで、今は企業を設立し成功した社長さんのダンテ。ダンテはBOTYで、アメリカに優勝を!と、自分がスポンサーとなって、アメリカチームを応援する事にする。そこに呼ばれたのが、元バスケットボールのコーチで今は落ちぶれた(よくあるパターンの)ブレイク(ジョシュ・ホロウェイ)だった。ダンス経験はないけど、バスケのコーチ時代の手腕をかわれた。そのブレイクがアメリカ最高・最強のチームを探すのではなく、個々に優れた「ドリームチーム」を結成しよう!と、22人を集め、寮生活で訓練をしていくうちに徐々に減らし、最後は13人に絞る事にした。

という感じ。なんていうか、アメリカの「アメリカン・アイドル」とか的なリアリティ番組要素も入っている。集まった候補生達の小ネタとか、コーチとかのネタも挟みつつの、最後は「バトル・オブ・ザ・イヤー」の戦い。クリス・ブラウンはその「ドリームチーム」の候補生の1人。ドリームチームの候補生を演じたほかのダンサーも物凄いのに、やっぱりクリス・ブラウンは華があるし、ダンスとか魅せるよ。もちろんチームとなってそれなりにみんなと同じ事していても、光るものが違うんだわーって思っちゃう。彼が出ている時のチームダンスはそれはそれは面白いんだけど、彼が居ないときは「凄いんだけどねー」としか思えなかった。ブラウンの圧倒的な存在感。でも泣いた時には、こっちが引いたかな?クリス・ブラウンに泣きの演技なんて要らないよー。まあ彼の涙が見れるのは映画の中だけかもね。っていうかさ、やっぱりクリス・ブラウンは才能あるんだから、つまらない最低な事ばかりしてないで、歌やダンスに集中してよ!

で、最後のバトル。B-ボーイなんだから、ヒップホップで踊れよ!って思いました。なんですか?あの感動的な音楽は!!という事で、B-ボーイ・イズムを最後の最後で感じられませんでした...

それにしてもフランクリン役の子、小さなジョナ・ヒルにしか見えなかった... 昔「Drake & Josh」に出ていたジョシュの子。ジョナ・ヒル同様、最近痩せた。演技の仕方もそっくり!!でもだったらジョナ・ヒルだよね。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3点/5点満点中:12/16/13:DVDにて鑑賞)