SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

War Dogs / 日本未公開 (2016) おまけ

アメリカって本当に間抜けな事件が多い!そんな実録おバカ事件簿...な映画がこれ。あれですよ、『Pain and Gain / ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 (2013)』的な。この映画は、単なる地元の武器密売人が、アメリカの軍の頭脳と精鋭たちが集結するペンタゴンだけでなく、敵である筈のアフガニスタンにまで顧客につけて富を得たバカな20代の2人が主人公。なぜそんな事が可能だったかを、ちょっとだけ説明すると、ブッシュ政権時代にアメリカ軍が(あのバカ)チェイニーの身内・仲間からばかり武器を買っていた事がバレて、それでは独占禁止法でヤバい!と、他から買うようになって、ネットで競売していたからだった。という事で、ブッシュとチェイニーの2人のおバカも関係しているのですね。その辺をこの映画の中では結構小馬鹿にしていて、気分爽快でした!

元々、稼業的に小物の武器密売人だったのがエフラムというおバカで、ジョナ・ヒルがまた体重を増やして熱演。その親友でお金に目が眩んで、その道に入っていくおバカなデイビットをマイルス・テラ―が演じている。この映画は完全にデイビットの視点から描かれている。エフラムは、映画『スカーフェイス』が大好きでポスターも張っているし、あの「ワールド・イズ・ユア―ズ」を使ったりと、自分がトニーでもなったかのような勘違いおバカ。ただ、迷いもないし、大胆で度胸は人一倍ある。デイビッドは環境を理由にする、完全に成功出来ないタイプの男。しかも自分は頭はキレると思っているタイプだね。でも従順。友達にいると、安心できるタイプでもある。そんな2人が、イラクアルバニアに飛んで、大物になった気になる映画です。

と、『ペイン&ゲイン』よりも世界を股に掛けた分規模がデカいおバカ。扱うお金も凄い金額。物語も面白くてラストとかシビレるんだけど、なんか『ペイン&ゲイン』ほどテンション上がらないんだよね。ジョナ・ヒルもマイルス・テラ―も熱演していて本当に面白いんだけど、最初はジェシー・アイゼンバーグシャイア・ラブーフがキャスティングされていたと聞いて、ああ、そっちでも観たい!とも思ってしまったのは事実。ジョナ・ヒルは、実録おバカ事件簿系の俳優として着々とキャリアを積んでいる。ジェームス・フランコとの『True Story / 日本未公開 (2015)』も最高だった!今回も、この役の厭らしさとか憎たらしさとか出ていて最高だった!でも本人ちょっと男前なんだよね...(´・ω・`) そこかな...足りないの。
(4点/5点満点中)
War Dogs - Warner Bros. - Movies