SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

This Is The End / 日本未公開 (2013) 1128本目

この夏、意外と一番楽しみにしていたコメディ。セス・ローゲンのインナーサークルによって、そのまま本人役で作ってしまった世紀末コメディ。と意味不明な所がまたいいでしょ?映画館の中では、私と白人の20代か30代の見知らぬ兄ちゃんの二人だけだったけど、二人で結構笑ったよー。まー、クダラナイんだけど、最高。

「ゲスい奴が生き残る」。この映画ではそれだけの事。まあ人類はゲスい奴が周りには沢山居たりする。ハリウッドで活躍するカナダ人セス・ローゲンの周りもそうだったりする。同じカナダ人俳優で昔からの友人ジェイ・バルチェルベがロサンジェルスにセスに会いにやってくる所から始まる。でもジェイは、LAが大嫌いだし、なによりセスの友だちジョナ・ヒルが大嫌い!!しかもセスはハリウッドの友だちに感化されて、グルテンフリーな食事を心がけていて、前とはちょっと違っていた。ジェイは「せっかくLAに来たんだから、カールス・ジュニアでハンバーガー食べたかったのにー!」とがっかり。セスも我慢していただけなので、結局二人で食べちゃう。その後もセスの家で、バックストリート・ボーイズを聞きながら、草(大麻)三昧。夜になって、セスが「ジェームス・フランコの家のパーティに呼ばれている」と言った。でもジェイは嫌いなジョナ・ヒルも居るし...と嫌がる。「大丈夫、仲間はずれにしないから」とセスは小学生のような約束をして、無理にジェイを連れていく。近くにはチャニング・テイタムも住んでいるハリウッド・ヒルズに、突拍子もない形をした家を買ったジェームス・フランコ。もうパーティは始まっていて、リアーナとかエマ・ワトソンとかクレイグ・ロビンソン、ジョナ・ヒル、ケビン・ハート、マイケル・セラ、アジズ・アンサリ等が居た。セス・ローゲンが大好きなジェームス・フランコ。セスはそんなつもりは無かったが、やっぱりパーティで一人ぼっちになってしまう。タバコを買いに行くと、無理矢理セスを連れ出すジェイ。「やっぱり一人ぼっちじゃねーか!」と怒り、コンビニに入ると、そこでいきなり他のお客が青い光に導かれ、天に向かった。急いでジェームス・フランコの家に帰る二人だったが、フランコの家の前にはシンクホールが出来て、リアーナ等がそこに沈んで行った。何とかフランコの家に戻ったのが、フランコとセスとジェイとクレイグ・ロビンソン、そしてジョナ・ヒルだったが...

もうね、ジェームス・フランコセス・ローゲン好きが面白過ぎた。ローゲンが脚本書いているから、ローゲンの望みでもあるんだろうけど、余りにも好き過ぎ!またそんな男をジェームス・フランコが男前の顔で飄々と演じているから面白い。そしてみんなで「スモーキング・ハイ」の続編をこの映画でやってるよ。ゆるゆるで面白い。そして私一押しのクレイグ・ロビンソンはこの映画でも歌ってるよー。また下ネタ歌だけど。しかもリアーナとのデュエット。グレードアップ。クレイグ・ロビンソンのテディベアぽい風貌と雰囲気がこの映画のエンディングを上手く演出していた。やっぱりクレイグ・ロビンソンだわ!と改めて感じた。そして、ダニー・マクブライトね。感想にも名前を出すのを忘れたけど、この人のゲスさは最高ね!そりゃ、フランコも怒るわ!って思っちゃう。ジョナ・ヒルも何かむかつくw。良い意味でね。マイケル・セラは最低&最悪www、童貞じゃないけどスーパーバッド!!!笑ったけどね。まあこの映画はこういうゲスい奴が居るからこその映画。というか、仲間が3人以上集まると、どことなくそれぞれのポジションが出来てきて、それによる摩擦とかもある。その辺を面白く描いているんだよね、この映画。

でね、翼があるんだけど、ゴジラみたいなデカイ悪魔が出て来るんだけど、色々とデカイのw。私、いちよう女性なので、それで察して。なんとなくそこだけはウェイアンズ・テイストだと思った。やっぱり、ああいうのを大きなスクリーンで見るからこそ、この映画の良い意味でのくだらなさが引き立つんだよね。これは是非、日本でも劇場公開して欲しいわー。ボカシ入るかもだけどw。

これ観るとね、なんだろう?今までバックストリート・ボーイズのあの曲を一ミリも好きだと思った事なかったんだけど、なんだか好きになっている自分が居る。後は、セス・ローゲンとクレイグ・ロビンソンとジョナ・ヒルと、チャニング・テイタムがなんだか益々好きになったね。チャニング・テイタムセス・ローゲン・ファミリーじゃないのに、あそこまでやるとは、いい人に違いない!ジョナ・ヒルとの「21ジャンプストリート」繋がりかな。

ハードルは上げたくないですが、今年の夏の映画で今のところ一番笑った!!

感想やあらすじやオフィシャルはこちら

(4.75点/5点満点中:6/12/13:劇場にて鑑賞)