SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Scary Movie 5 / 日本未公開 (2013)

Cast >> Lindsay Lohan, Charlie Sheen, Ashley Tisdale (Jody), Terry Crews, Mike Tyson, Jasmine Guy (Kendra's mother), Katt Williams ...
Director >> Malcolm D. Lee
Writer >> Pat Proft, David Zucker
Producer >> David Zucker, Phil Dornfeld

総合ポイント 2.75点/5点満点中
内容 >> 2 演技 >> 3 演出 >> 3 音楽 >> 3

"I've come back from worse than this."
チャーリー・シーンリンジー・ローハンは、激しい夜を共に過ごしていた。ローハンは珍しく無罪だが、その直後にチャーリー・シーンは死んでしまう。そしてチャーリー・シーンの3人の子供も消えてしまう。何ヶ月か後にスヌープ・ドッグマック・ミラーが気味悪い林の中をマリファナを求めてさまよい歩いていると、『キャビン』を発見する。そこには、四つ這いになって歩いている3人の子供を発見。彼等3人を叔父のダン(サイモン・レックス)とジョディ(アシュリー・ティスデール)が引き取るが、彼等と住むために買った家では、不思議な現象が起こるのだった。

コメディ界のジャクソン・ファミリー、ウェイアンズ家族が始めた「スケアリー・ムービー」シリーズ。ウェイアンズは「2」を最後に完全撤退。3・4は、ウェイアンズ家よりもパロディ映画では歴史のあるデビット・ズッカーが監督。今回はそのズッカーが脚本のみで参加し、監督は「アンダーカバー・ブラザー」のマルコム・D・リーが監督を担当。これまでそこそこの興行成績を上げていたが、今回は惨敗。私が見た時には、私一人だった!最初は期待出来た。割と面白いシーンや面白い台詞も多かった。けれど、途中からなぜか全然笑えなかった。途中、ちょっとだけ笑いのグラフの山が上がったのが、ディカプリオのそっくりさんの所位。後はとてもとても残念に進んでいく。

ちょっと前に、ウェイアンズ家族の末っ子マーロン・ウェイアンズが、全く同じアプローチで「パラノーマル・アクティビティ」を下敷きにやったばかりだからね。何となくタイミング悪かった。あっち見て、こっちはいいやとパスした人も多いと思う。どっちもどっちだけどね。

( 4/23/13:劇場にて鑑賞)