SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

This Is The End / 日本未公開 (2013)

Cast >> James Franco, Jonah Hill, Seth Rogen, Jay Baruchel, Danny McBride, Craig Robinson, Emma Watson, Michael Cera, Jason Segel, David Krumholtz, Paul Rudd, Mindy Kaling, Martin Starr, Kevin Hart, Rihanna, Aziz Ansari, Backstreet Boys ...
Director >> Evan Goldberg, Seth Rogen
Writer >> Evan Goldberg, Seth Rogen
Producer >> Evan Goldberg, Seth Rogen, James Weaver
Genre >> Comedy

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

"Seth, that's some of the best acting I've seen you do in the past 10 years. Where the fuck was that in Green Hornet?"
セス・ローゲンセス・ローゲン)に会いに、ジェイ・バルチェルベ(ジェイ・バルチェルベ)はLAにやってきた。セスは、ジェームス・フランコ(ジェームス・フランコ)の家で行われるパーティにジェイを誘った。ジェイは嫌々ながらに参加する。ジェイはパーティに参加しているジョナ・ヒルジョナ・ヒル)が嫌いだったのだ。到着すると、クレイグ・ロビンソン(クレイグ・ロビンソン)、マイケル・セラ、リアーナ、エマ・ワトソンエマ・ワトソン)等が参加していた。仲間はずれにしないと約束していたセスだが、ジェイは徐々に居心地の悪さを感じ、セスを連れ出して家を出てタバコを買いに行った。そこでは、突然人々が青い光に導かれ、天に向かって行った。そして大きな地震のような物を感じ、ロサンジェルスの町は崩壊して行った。二人は急いでジェームス・フランコの家に引き返すのだった...

セス・ローゲンが初監督に挑んだコメディ映画。ローゲンと共演した仲間達が本人役で出演。元々はローゲンとジェイ・バルチェルベが主演のショート映画。絶対に現実的ではないのだけど、本人役で出演しているので、その俳優のイメージが生かされていて面白い。ローゲンは「グリーン・ホーネット」の失敗を自慰的に遊んでいたり、逆に「スモーキング・ハイ」の続編を「グリーン・ホーネット」の監督ミシェル・ゴンドリーの「僕らのミライへ逆回転」的に超ゆるい作品を暇つぶしで作ってしまう辺りも最高である。ハリウッド俳優の心の驕り、そしてハリウッド俳優としての誇りが、見え隠れするのが好き。ゲスい奴等が残り、逆にゲスい奴等が死んでいく。意外にも、この映画は聖書が元になっている所が、最高な皮肉である。

この夏最高に素晴らしい映画!では、決してないけれど、この夏最高に笑った映画!!いや、意外と何気に良い映画!意味が分かればね。

(6/12/13:劇場にて鑑賞)