SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Carter High / 日本未公開 (2015) 1495本目

無類の「才能がある人が道を踏み外してしまった系映画」が好きな私にはタマラナイ作品であった。そして鑑賞後に沸き立つ「実際の話を滅茶苦茶検索してしまいたい」感情... まあ映画の醍醐味ですよね。今回は、先日の「映画秘宝EX涙の千本ノック! スポーツ映画大全集」にて、ベストフットボール映画10作の割りと上位に入れた『Friday Night Lights / プライド 栄光への絆 (2004)』のパーミアン高校フットボールチームの最後の対戦相手となった、カーター高校フットボールチームについての物語です!という事で、実話です!!その『プライド』では、ほぼ学生が黒人学生ゆえに、かなり素行が悪く、汚いラフプレーばかりする高校と描かれていたカーター高校。実際は違うんだい!という事で、カーター高からの所謂アンサー映画がこの作品です。監督は、そのカーター高校フットボールチームにも所属していたアーサー・ムハマド。フットボールで大学に進んだけれど、大学では映画を学び、映画の世界に飛び込んだ人。この映画で描かれた1988年のカーター高のチームの一つ下で、選手の中には幼なじみも含まれる。という事なので、超側近が描いた真実。

この1988年のカーター高のフットボールチームの顔ぶれが凄い。同じ年、同じ地域によくこれだけの人が集まったわ!という印象。その中には、後にプロとなり10年以上もNFLで活躍した(それは本当に凄い事なのだ!!)ジェシー・アームステッドが含まれる。『プライド』では、このアームステッドが凄すぎで太刀打ちできなかったみたいに描かれているけれど、実際に将来が一番期待されていたのが、ディフェンシブバック(多分セイフティ)のデリック・エヴァンス。エヴァンスとアームストロングは共に高校のオール・アメリカンに選ばれた程の選手。じゃあなんで、我々フットボールファンはエヴァンスの名前を聞いた事がないのか?ですよね。プロになる前、いや、大学に行く前にある事をやらかしてしまったからだ。まあ彼だけじゃなく、このチームの5人が...

物語は、このフットボールチームに所属するゲイリー・エドワーズが、代数学の授業の単位が取れそうにもないという所から始まる。エドワーズは宿題を出したが、教師はそれを「終わっていなかった」と突っぱねる。しかし、フットボールチームにとっては、選手の成績がある一定を超えていないと試合に参加出来ず、もしそれで出場していたら違反で、その後の大会への出場停止を言い渡されるかもしれない...という事で、エドワーズは、別の先生の代数学の授業に移動して、基準成績を達成した。が、これを管理・審査しているUILが、その一件を審査する事になった。彼らは審査・捜査している間は練習禁止を命じられる。カーター高側は、これを黒人故の嫌がらせと取った。黒人高を優勝させたくない故の処置なのだと。当時の地元テキサス州ダラスのマスコミも多いに取り上げた。そこに登場したのが、地元の名士で弁護士のロイス・ウェスト(なんとラッパーのデビット・バーナー演!)。何とか彼らが出場出来るようにした。練習もまともにしていないのに、彼らは勝ち進んでいく(ここでサラリと『プライド』のパーミアンが負ける)。そして見事優勝!!!で、普通はこの手の映画はここで感動的なラストで終わる...が、この映画は違う。

成績が問題になったゲイリー・エドワーズを含む選手3人が、自分たちがバイトしている店で強盗をしてしまう。しかもそれが簡単に成功。となると、味をしめた3人が強盗にハマってしまう。そしてナイキやジャケットなどお金使いも派手になる。それを見て聞いたデリック・エヴァンスと別の選手も強盗してしまうのだった...そしてジェシー・アームステッドも仲間に入らないか?と誘われる。

運命の分かれ道。

その後、1人は輝かしいキラキラしたNFLのフィールドに10年。そしてもう1人は暗い刑務所に7年以上。

と書いてみたんだけど、映画としてはイマイチ面白くない... あのエミー賞だったかゴールデングローブ賞だったかを受賞した名優と言ってもいいチャールズ・S・ダットンがこのチームのコーチを演じているが、その片鱗を全然見せていない。タイミングとか間も変だった。そしてそのダットンの妻役のヴィヴィカ・A・フォックスは確実に要らなかった!奥さんのコーチ励ましシーンとか無駄。そうじゃなくて、もっと選手の物語を観たかったかなー。ただでさえ、選手たちを演じた俳優が無名なので、顔とか名前とか認識できるまでにちょっと時間を要するので、そこを丁寧に描いて欲しかったなと。フットボールのシーンとかも、ほぼ当時の悪い画像をそのまま使っているので、映画的演出の迫力がないので、逆に『プライド』と比べるとイマイチ。原案・制作がこの映画のアーサー・ムハマドで、監督・脚本が『プライド』のピーター・バーグだったら...とはちょっと思った。まあでもこれが映画の妙ですよね。一つのピース違いで、こうなるという。ね。あと、この題材でドキュメンタリー映画観たいかも。
(3点/5点満点中)
Carter High / 日本未公開 (2015)