SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Last Fall / 日本未公開 (2012) 1336本目

ここへやってくる人の検索で未だに絶えないのが「マイケル・オアー 現在」。『The Blind Side / しあわせの隠れ場所 (2009)』が公開されてから5年。あれからマイケル・オアーはどうなったのか?って、先日ツイッターにも書いたんですが、その時にはみんなに華麗にスルーされましたわ〜!(ノω・、) ウゥ。あれから、ボルチモア・レイブンズに指名され加入。ルーキーの時には、ルーキー・オブ・ザ・イヤーには残念ながら選ばれなかったけれど、2位に選ばれた。2013年にはスーパーボウルでの優勝に貢献するなどの活躍。その後は安泰かと思われたが、2014年にテネシー・タイタンズに移籍。しかも1年シーズンを終えた後に、身体検査で落ちて解雇。オークランド・レイダースクリーブランド・ブラウンズ、ダラス・カーボーイズなどがオアーに興味を示しているみたいだけど、未だ正式にサインに至らず。どうなる事やら!<追記 ここから>マイケル・オアー無事にカロライナ・パンサーズに移籍になりました!<ここまで 3/12/15>
と、マイケル・オアーみたいに活躍した選手でも簡単に解雇されちゃう厳しい世界なのがNFL。そんな非常ーーーーに厳しい世界を描いたドラマが今回の作品なのだ!

カイル・ビショップ(ランス・グロス)は、1人寂しくロッカーの清掃をしていた。NFLのチームに解雇されたのだ。落ち込み行き詰ったカイルは、夜中にママ(ヴァネッサ・ベル・キャロウェイ)に電話し、実家に戻る事にした。翌日、ママの家に着いたカイルは、早速近所のジムに行った。昔の友人マーカス(マイケル・モス)がそこで働いていて、有名人だからと会費などを無料にしてくれた。そのマーカスに誘われたパーティで知り合った女性とワンナイトスタンド。つかの間の息抜きの後に、エージェントから電話を貰い会いに出かける。そこでエージェントはNFLはもちろんの事、ヨーロッパやカナダのアメフトリーグ、アリーナフットボールの全てのチームに連絡をしたが、カイルを欲しがるようなチームが無いとダメ出しされた。フットボール後の人生を考えたほうが良い...とまで言われた。そんな失意の中、カイルは世話になった小学校の先生に会いに行く。そこで偶然に再会したのが、高校時代の恋人フェイス(ニコール・ベハリー)だった。避けられていたカイルだが、次第にフェイスも心を開くようになり...

まー厳しいっす!カイルは25歳の設定。25歳にしていきなり無職。しかも周りはNFL選手だからとチヤホヤしてくれるので、余計に辛いし切ないですね。と、この映画を制作したマシュー・A・チェリーも、元NFL選手であった!NFLって、日本じゃスーパーボウルの時くらいしか注目されませんが、アメリカではナンバーワンスポーツですからね!NBAメジャーリーグじゃありません!なので相当なお金が潤っている筈なのですが、選手でその相当なお金を手に入れ安泰な選手なんて、ごくごく僅か。ましてや、引退後に仕事もせずに毎日贅沢出来てゴルフできるなんていう人は、マイケル・ジョーダンくらいしかいません!って、NBAになっちゃったよ!まあ、スポーツで一生暮らすというのは非常ーーーに大変な事なんですよね、実際には。その厳しい現実が80%の選手には待っているのです。なんでも、78%のプロ・フットボール選手が選手生活を終えて2年以内に離婚又は破産か無職...という現実が待っているんですって。引退後すぐに解説やコーチなんていう道はそう簡単ではないんですよね。でも殆どの選手は学生時代にプロの選手になる事しか考えていないし、なる為にはフットボールに全身全霊を傾けなきゃならない。だからカイルも「フットボールしか知らない。フットボールだけを人生でやってきた。それが俺が知る全てなんだ」となってしまうのです。だったら選手時代に貯めておけばいいじゃん!ってなりますが、実際は本当に厳しいみたいですよ。ペイトン・マニングのような選手には可能でしょう。CM出ているし。マイケル・ジョーダンだってNBAの時の貯えじゃなくて、CMとかのお金で今も潤っている訳ですし。なので有名じゃない選手は大変ですよ。まず、その前にチームに入らないといけない。マイケル・オアーみたいに簡単に解雇されちゃう世界ですから。そしてNFLはたったの16週間。更に忍び寄る税金地獄!世知辛い世の中ですよ。

うちは夫婦でジェイ・ウィリアムスを見かける度に「こいつラッキーだよねー!」と口を合わせて話します。ウィリアムスはバスケットボール選手だけど、名門デューク大学を優勝に導いた選手。鳴り物入りで、NBAに入り、ブルズにドラフトされた。1年目はソツなくルーキーらしい活躍。が、その後のオフシーズンでバイク事故を起こして、選手生活をパー!でもこの人、大学時代にダブルメジャー(つまり2つの専攻)を取得し、ドラフト入りする前に卒業課程を修了していたのだった!それもあって、すぐにESPNに雇われて、今も大学バスケの解説で頑張っておりますよ。まあ、大学バスケ時期だけになりますが、それでも安泰して普通の人よりいい生活している筈です。と、この映画の監督マシュー・A・チェリーもフットボール奨学金で大学に入っていた時に、ラジオ/TVプロダクション&メディアプロダクションを専攻していた。それもあって、NFLでダメになった時にミュージック・ビデオの監督として活躍。この映画を制作するまでに至ったのです。(゚∇゚ノノ"パチパチ

という訳で、マシュー・A・チェリーにしか描けないフットボールの闇・影の部分。スポーツ好きにはたまらない映画でありました。これは、全スポーツを頑張る中学生に見せたい作品。夢を諦めさせる訳じゃなくて、こういう現実があるというのを知っておく事も大切。腑に落ちないかもだけど、学歴が全てだったりする。

感想やあらすじなどはこちら

(4点/5点満点中:2/17/15:DVDにて鑑賞)