SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Coalition / 日本未公開 (2013) (Video) 1157本目

NFLボルチモア・レイブンスに所属するテレル・サッグスという現役の選手が脚本を書いた作品。珍しいでしょ!しかも去年のスーパーボウル優勝チーム所属。「The Blind Side / しあわせの隠れ場所 (2009)」のマイケル・オアーのチームメイト。レギュラー。と、まあ凄いのよ。書くのが2度目になるけど、現役よ!現役!!現役で俳優として映画に出る事は今までにもあったけれど、現役で脚本家っていうのは無いね。その現役選手が明かす、アメリカのアスリートの裏側。

まあーーー、アスリートはモテるんだよね。それは分かった。だってテレルはどことなくキャッシュ・マネーのバードマン似だよ?それでもモテるんでしょうねー。女たちはお金に近寄る。だから男はやりたい放題。男はどんどん女の弱みにつけこんで行く。ゲーム感覚。これまた男の取り巻きが連携(Coalition)して、それを容易にしていく。女はポイ捨てされる。所が女たちも黙ってなかった。彼女たちも連携(Coalition)して、男たちに仕返ししていく...っていう話。

まあアメリカで放送しているアスリートの彼女や奥さんの裏側を見せている「Basketball Wives」とか、アスリートじゃないけど「Love & Hip Hop」なんかと同じ。グルーピーの骨肉な醜い争い。それをちょっと上品に描いた映画だね。でももう下品バージョン見ている人たちが多いから、これ位じゃあ満足する人たちが居ないんじゃないかな?というか、私はその手のリアリティ番組が嫌いなので見たことないけど、それでも満足できなかったです。何が満足出来なかったかというと、俳優たちが魅力なかった。えー、この人モテるか?とか、えーええーー、この人そんなに好かれるか?という人ばかり。ルックスだけでなく、俳優としても魅力がなくて、棒読みの嵐。これを見て思った!マイケル・ジェイ・ホワイトも続編に出ていた「Trois / 日本未公開 (2000)」3部作はそれなりに上手くて面白かった事を!(マイケル・ジェイが出ている2がお勧め!)そしてお話も穴だらけ。あれ?親友でいつも助けあっていたのに、今の今まで知らなかったの?って事があったりね。でもロンゾ役の人だけはカッコよかったかも。

最後は更に最悪。結局誰が主役なのか分からない!!あれ?いきなりあの2人が最後主役?みたいな。しかも、で??それが幸せなのかい?的なラスト。主役ぽかったプライムという人とオータムはどうなったの??と。でもボーナス映像にはカットされた映像もあって、そこでオータムのラストは知れた。あそこはカットしない方が良かったかもね。で、もう一人のスカイラーという女性は??スカイラーのおばあちゃんは??という謎だらけ。

まあこの映画はあれでしたが、テレル・サッグスは頑張れ!現役でここまで作れる行動力とかは素晴らしい!!フットボールも映画も頑張れ!

感想やあらすじはこちら

(2.5点/5点満点中:9/28/13:DVDにて鑑賞)