SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Undefeated / 日本未公開 (2011) 1091本目

今年のアカデミー賞のドキュメンタリー部門を受賞したのが日本でも公開が決まっている「Searching for Sugar Man / シュガーマン 奇跡に愛された男 (2012)」。前年度に取ったのが、この作品!アメリカでもやっとDVD化されました。パチパチ。待ってたんだよねー。これはフットボールのドキュメンタリーとして最高傑作じゃないでしょうか?フットボールが好きで、「Friday Night Lights / プライド 栄光への絆 (2004)」が好きな人は絶対に楽しめる筈。っていうか、私、この映画で号泣&嗚咽しました。

タイトルの感じから、負けなしのエリート・フットボールチームを描いた作品だとばかり思っていたんです。違ったね。テネシー州メンフィスの北のゲトーの一角にあるマナーサス高校のフットボールチームを追っている。メンフィスの学校資金がイマイチなのもあって、この高校もフットボールチームを維持する程の資金がない。なのでこの学区の優秀なフットボール選手は、別の所に流れてしまう。そこで立ち上がったのが、ビル・コートニーという男性。大きな体格を揺らしながら、このチームの為に右往左往する。しかもこのビルさん、無給のボランティア。ビルさんは個人ビジネスで生計を立てているが、最近はボランティアやるほど余裕でもない。このチームに携わって6年。やっと近所の優秀な選手達が、この高校に入学してきた。OC・ブラウンという大柄なのに高い運動神経を持った選手、そして小柄だけど情熱は人一倍!のマネーと呼ばれている選手、そして怒りぽい性格で喧嘩ばかりで15ヶ月の刑務所暮らしから高校に復活したチャービス。彼等が抱えている問題をビルは受け止めて、優しく見守るんです。OCは、地元でも有名になって、大学からの招きも多い。けれど、大学でプレーする程の成績を取っておらず、それが問題となっている。OCの家族が家庭教師を雇う程のお金もある訳じゃない。何しろ、OCの家自体がそんな環境じゃない。という事で、ビルと同じくボランティアでアシスタントコーチしている人が家に引き取り、ビルが家庭教師代と学校への送り迎えをする事になった。はい、まんま「The Blind Side / しあわせの隠れ場所 (2009)」ですね。マネーは成績も優秀で、フットボールにも真面目。熱いけれど、人一倍繊細な心を持っている。「人は亀と同じなんだ。表はハードで固いけど、中身はソフトなんだ」という程。そのマネーと人一倍怒りぽいチャービスが喧嘩。その後にもチャービスは喧嘩して、チームから一時的に停止を食らう。でも、ビルはチャービスに語りかけていく。「フットボールは性格を作るものじゃない。フットボールは性格を明らかにするものなのだ」と。だからこそ、真面目に取り組めという事。そして繊細なマネーが怪我をしてしまう。それで彼は一気にやる気も未来もなくしてしまう。

でもね、やっぱり金八で描かれていたように、最後には一番問題のあった生徒が、劇的に変化をしてチームに渇を入れる。もうそこで私は号泣。加藤優ーーー!お前たちは腐ったミカンなんかじゃない!!!ってな訳ですよ。泣かせるよ。中島みゆきの曲は流れないけど。もうここから最後までずっと泣きぱなし!チャービスをはじめ、彼等体は大きいけれど、まだまだ子供。そんな彼たちが欲しているものが明らかになっているんですよね。それを嫌がらずに自ら率先してビル・コートニーは彼等に魂をぶつけている。こんなの見せられて、泣かない方が無理!

所で、この映画監督のT.J.マーティンとダニエル・リンゼイは6ヶ月近く、この地域に住んでこの映画を完成させている。OC・ブラウンの「しあわせの隠れ場所」的な新聞記事を読んだのがきっかけで、この高校のフットボールチームを見に行ったら、ビル・コートニーという素敵なコーチと会って、それで制作する事を決めたらしい。ちなみにデディ事、バッドボーイズ・レーベルのショーン・コムズが製作総指揮となっているけど、彼は直接的には全く関係ない。完成されて、作品を観て感動したから「名前を使っていいよ」的に参加している。最近多いよね。このパターン。「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」のオプラ・ウィンフリーとかタイラー・ペリーも同じパターン。なので、この映画はオスカーを受賞し、デディもオスカーの会場に居たけど、オスカー像は貰えておりません。

映画ドラマ化して欲しいわー。そしたら、ビル・コートニーは絶対にジョン・キャンディ!と思ったけど、残念ながら亡くなっている... ならジョン・グッドマンかもうちょっと太らせてフィリップ・シーモア・ホフマンに演じて貰いたい!OC役はもちろん「しあわせの隠れ場所」のクィントン・アーロンで!

この選手達のその後が気になる人は、こちらで!英語ですけど。ネタバレもあるので、日本語には敢えて訳しません。

感想やオフィシャルサイトなどはこちら

(5点満点:2/25/13:DVDにて鑑賞)