SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Harlem Rides the Range / 日本未公開 (1939)

Cast >> Herb Jeffries (Bob Blake), Lucius Brooks (Dusty), F.E. Miller (Slim Perkins the Cook), Artie Young (Miss Margaret Dennison), Clarence Brooks (Bradley), Spencer Williams (Mr. Watson) ...
Director >> Richard C. Kahn
Writer >> Spencer Williams, F.E. Miller
Producer >> Richard C. Kahn, Alfred N. Sack
Genre >> Western

総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 4

I'm a Happy Cowboy
ボブ(ハーブ・ジェフリーズ)とダスティ(ルシアス・ブルックス)は、テキサスから新しい町にやってきた。その時、ブラッドリー(クラレンス・ブルックス)が、ジム・デニソンのラジウム鉱山を狙っており、ブラッドリーの手下がジムを殺してしまう。2人は急いで死体を隠した。2人が去っていく姿をボブとダスティは目撃し、デニソンの家を訪ねてみるが、誰もいなかった。ボブはデニソンの家に飾ってあった美しい女性マーガレット(アーティ・ヤング)の写真を見て、恋に落ちてしまった。ボブはこっそりその写真を持ち出してしまった。その後、ボブとダスティは牧場のボスであるワトソン(スペンサー・ウィリアムス)と会った。そこで、ブラッドリーとも会い、ボブがブラッドリーがデニソン家から去るのを見たと告白してしまい、更にはブラッドリーがマーガレットも狙っていると知るが、ブラッドリーの策略でボブが牢屋に入れられてしまい...

数々の歴史に名を刻んできた伝説の人々が出演しているB級のウエスタン映画である。主役ボブを演じたハーブ・ジェフリーズはこの当時、唯一の歌う黒人カーボーイ俳優として名を馳せた人物。ブロンズカーボーイと言われ親しまれた。映画から一時離れ、デューク・エリントンのバンドで歌った時期もある程の美声の持ち主。スペンサー・ウィリアムスは俳優として「アモス・アンド・アンディ」で知られているが、当時は希少だった黒人監督であり脚本家でもあった。そしてフローノイ・ミラーは音楽家としても知られ、戯曲家でもあった。この映画はウィリアムスとミラーの共同で書かれた作品。そして撮影で使用されたマーレイのデュード牧場は、黒人のビジネスマンが所有していた黒人専用の避暑地。物語はその貴重で希少な才能や場所を生かした黒人の経験というより、白人が主役のカーボーイ映画をそのまま黒人キャストが演じただけの低予算映画ではある。でもサイドキックのダスティが面白いし、いい奴。そしてジム・デニソンのオチは凄い。

しかしハーブ・ジェフリーズが歌いカッコいいカーボーイを演じ、スペンサー・ウィリアムスとフローノイ・ミラーが物語を書いているというだけで、十分に見る価値のある映画だ。

(Unknown, 12/20/12:DVDにて鑑賞)