SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

"30 for 30" Youngstown Boys / モーリス・クラレット ~誘惑に負けた全米勝者~ (2013) (TV)

Cast >> Maurice Clarett, Jim Tressel
Director >> Jeff Zimbalist, Michael Zimbalist
Producer >> Andrew Billman, Colby Gottert, Jeff Zimbalist, Michael Zimbalist
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> N/A 演出 >> 4 音楽 >> 4

"Hope for me"
オハイオ州ヤングスタウン。鉄鋼工場の町であり、住民は殆どが鉄鋼工場に勤めていた。しかし1977年にヤングスタウンを襲ったのがブラック・マンデー。工場が閉鎖で40,000人が職を失った。そこで生まれ育ったのがモーリス・クラレット。高校でフットボールの才能を開花。そんなヤングスタウンにある大学でフットボールのコーチをしていたのがジム・トレッセルだった。トレッセルはヤングスタウンの大学を勝利に導いた名将だった。そのトレッセルがオハイオ州一番の人気大学オハイオ州立大に移動。どの大学からも引く手あまたであったクラレットは、トレッセル率いるオハイオ州立大に進路を決めたのだった...

大学フットボールの強豪チームであるオハイオ州立大。多くの優秀なNFL選手も数多く輩出している。それ故にオハイオ州の誇り。オハイオ州じゃないけれど、うちの近所にもオハイオ出身の人がいるのか、家の周りはオハイオ州立推しの圧が凄い家がある。このドキュメンタリーでも「オハイオではフットボールをやっていた俺の方が上だよ」と、同じオハイオ出身で友人でもあるレブロン・ジェームスについて語っていたが、実際にそうであった。そんな環境でスーパースターとなったモーリス・クラレット。色々と問題になった時にメディアで見た印象とは全く違う青年であった。普通の少年がフットボールの才能があった故の成長過程と運命。政治的な事にも絡まれてしまったのだ。助けようと思って手出ししたジム・ブラウンの失敗。色々な事が彼を蝕んでいく。

しかしクラレットは一貫として素直で率直であった。だから間違えた事もある。夢破れても彼はやはり素直に率直に道を正していく。スポーツの精神力の真髄を観た。だからこそこちらも素直に率直に頑張れって応援したくなる。

(7/20/15:VODにて鑑賞)