SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Race / 日本未公開 (2016) 1449本目

前にコンプトンなどのLA紹介した時には書かなかったんだけど、ウエスタン通りという大通りをハリウッドに向かって北上していくと、イングルウッド辺りで「ジェシーオーウェンス公園」が姿を現す。あまり大きい公園ではないけれど、「おー!ジェシーオーウェンスの名前がついた公園があるんだ!」と感動したのは覚えている。という訳で、イングルウッド住人の憩いの場の公園の名前にもなっているジェシーオーウェンスの物語を!『グローリー/明日への行進』にてジョン・ルイスを演じていたステファン・ジェームスがオーウェンス役!

1933年秋。世界大恐慌後のオハイオ州クリーブランドはどことなく寂れていた。朝から街を走るのがジェシーオーウェンス(ステファン・ジェームス)。そんなジェシーも今日はオハイオ州立大に進む為に家を出る。貧しいながらも母は精一杯の努力で、日曜の教会用ではあったが、一張羅のジャケットをジェシーに用意した。父は恐慌後の為、仕事がなく家に居た。そんな父に1ドルを置いていくジェシー。そしてバスに乗る前に、生まれたばかりの自分の娘とその母でジェシーの彼女であるルース(シャニース・バントン)が働いている美容院に寄った。デイブ(イーライ・ゴリー)と共にバスで大学まで向かう。待っていたのが、ラリー・スナイダー(ジェイソン・サダイキス)コーチだった。コーチはジェシーの生まれながらの才能に気づき、3年後のベルリン・オリンピックに出場させるので、厳しい練習にもついてこい!と言い、ジェシーとコーチの2人3脚の猛特訓が始まる。しかし、黒人であるジェシーにとって大学や外での差別は非常に厳しく、そしてヒットラー政権のドイツで行われるオリンピックに、アメリカは出場するのか否かで揺れていた...

ってネタバレしないようにお茶濁して書きましたけど、もう皆さん結果はご存じの通りですね!1636年ベルリン・オリンピックで、ジェシーオーウェンスは4冠という前代未聞の偉業を達成した。ヒットラーが見ている前で!この映画の面白さは、もちろんそこにあるし、オリンピックの再現シーンは物凄い大がかりで圧巻の映像となっています。が、そこだけじゃないんだな。そこがゴールじゃないんだ。その先がちょっとだけあって、わーーーお!4冠やった!スゲー!ヾ(=^▽^=)ノってなっていたら、(´・ω・`)になりますた。切ない。実に切ない。差別なんて、カーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッ( ゚д゚)、ペッって感じですよ。

ジェシーとコーチの関係性が主に描かれていますが、彼女ルースとの関係(映画見たら実際の2人を見たくなると思うのでここに置いておきますね)、最大のライバルであったピーコックとの関係、敵なのに親友となったドイツのルッツ・ロングとの関係、オリンピック委員会vsアスリート組合、ヨーゼフ・ゲッベルスレニ・リーフェンシュタールの関係などなど、様々な関係が描かれているのが面白いんです。オリンピック委員会vsアスリート組合はね、ジェレミー・アイアンズvsウィリアム・ハートなんですよ!80年代にどっぷりと映画に漬かっていた私には、うぉーーーー!ってなりましたよ。この2人の共演を80年代に観たかったわー!と。しかも対立しているのが良いっすね!さすがに迫力あります。レニ・リーフェンシュタールの描写はあれであっているの?とは思いましたが、映画好きとしては面白かったですね。

所で、オーウェンス役のステファン・ジェームスとコーチ役のジェイソン・サダイキスが、先日行われたNBAオールスターのセレブリティゲームに映画のプロモーションも兼ねて出場していたのですが... サダイキスの方が上手かった!フィアンセのオリビア・ワイルドの前でちょーーカッコつけて良い所見せていた。っていうか、ジェームスは余りバスケやらなかったんだろうなっていうのがバレバレ。カナダは余りやらないのかな?ひょっとして運動神経鈍い?とすら思ってしまいました。がぁあああああ!この映画では立派な陸上選手に見えるからさすが役者ですね。腕の筋肉の付き方とか同じ。

如何にもハリウッドだなっていう所がありまして... ジェシーは後のアディダスの創設者となるダスラーの靴をオリンピックで履く事になるのですが、コーチが一生懸命探した感じになっている。しかし実際にはダスラー自身が、オリンピックで出来るだけ多くのアスリートに履いて欲しいと願って提供していたので、あの描写は出来過ぎ君だよね。良い感じに脚色しましたよね?っていう。まあそういう所はあったりしますが、全体的には良く出来た伝記映画ですね。『42 / 42〜世界を変えた男〜 (2013)』に感動出来た人は、この映画も好きだと思う。ってか、巷ではチャドイック・ボーズマンが伝記映画俳優として知られているけれど、ステファン・ジェームスもだよね。これと『グローリー』と、あと『When the Game Stands Tall / コーチ・ラドスール 無敵と呼ばれた男 (2014)』も実在する人物演じていた。そしてまたスポーツマン!運動苦手そうなのに(勝手に決めつけ)偉い!

感想やあらすじやオフィシャルサイトなどはこちら

(3.75点/5点満点中:2/19/16:劇場にて鑑賞)