SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Safety / セイフティ ~最高の兄弟 (2020) 1784本目

良くも悪くもディズニー映画『セイフティ』

ディズニーが製作のアメリカンフットボールを舞台にしたヒューマンドラマ。アメフトでも、NFLではなく、NCAAと言われる大学フットボールが舞台。サウスカロライナ州クレムゾンにあるクレムゾン大のフットボールは名門。ナショナルチャンピオンになるほどの超名門。とは言え... 私は無類のアラバマフットボールチーム好き。なのでクレムゾンとオハイオ州立大は最大のライバルチームで、許さん! という感じなのです。特に、クリムゾン側にデショーン・ワトソンがいた2016年のナショナルチャンピオンシップは、心に深い傷となって残っております。2016年のアラバマ大チームが凄く好きなので、あのチーム優勝させたかった。という個人的な恨みを置いておきまして... 今回は、2006年にクレムゾン大のフットボールチームに加入したレイ・マケラスベイの実話を、『House Party / ハウス・パーティ (1990)』や『Marshall / マーシャル 法廷を変えた男 (2017)』のレジナルド・ハドリン監督で映画化。

レイ・レイと呼ばれているレイ・マケラベス(ジェイ・リーヴス)は、名門クレムゾン大学から奨学金を貰って、アメリカンフットボールのチームで汗を流していた。彼のポジションはセイフティで、一番後方を守るディフェンスの砦となるところだ。レイの母は、麻薬依存症でレイの弟ファーマー(サデウス・マクソン)を蔑ろにしており、電話を受けて、地元に戻った。ファーマーは環境の悪いところで生活をしているが、奨学金で大学にいる以上何も出来ないレイだったが、放っておくことが出来ず、秘密でファーマーを大学の寮で一緒に生活していくことになるが...

これぞディズニー! という感じで話しが進んでいきます。どん底からの起死回生って感じで、いい感じに話しが進んでいく。これをディズニーらしいご都合主義と書いてしまうのは、少々乱暴な気がするので、そこまでは書かない。けれど、実際のレイはもっと大変だったと察する。映画ではラストは映画ぽく感動的に終わっているが、実際にはレイが4年の時には奨学金が更新されず、大学を去っていると聞く。そして、映画でも出てくるヘッドコーチ、トミー・ボウデン時代のクリムゾンはあまり強豪ではなかった。この映画のレイやトミー・ボウデンが去って、アシスタントだったダボ・スィーニーがヘッドコーチになってからのクレムゾンが強敵。っていうのを知っているから、やっぱり少し脚色が過ぎるかなと思ってしまった。少しでもアメフトのことが分かるなら、これはお涙頂戴物語だと分かってしまうのである。こういう形とはいえ、レイ・マケベラスの物語は語られるべきで、多くの人に広まって欲しいと願う。お互いに愛が溢れた最高の兄貴!

(3.75点:12/14/20:1784本目)
www.blackmovie-jp.com