SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

映画秘宝 8月号

映画秘宝 8月号

6月21日(月)発売の映画秘宝 8月号にて、連載+映画館での思い出を執筆しております。

連載は、ツイッターでも書かずに大事に温めておいたNetflixアニメ『Yasuke -ヤスケ-』を! 弥助についてはずっと書きたいと思っていたので、闘魂注入で書きました。実は最初、八村塁くんでまとめたのですが、提出寸前でやはり作品のことでまとめました。なのでここからは、ボーナス記事、アウトテイク。八村塁、バスケットボール最高峰リーグであるNBAでスターターで活躍中。八村くんは、チームの先輩から頂いたニックネームが「ブラック・サムライ」で、そのまま使用したインスタグラムのアカウントまであるし、自身のブランド名も「ブラック・サムライ」。弥助も八村くんも海外に渡って活躍し、「ブラック・サムライ」の称号を手にいれたという共通点がある。良いニックネームを先輩に貰ったものです。違うのは、弥助の時代は才能を輸入したけれど、今は八村くんの才能を輸出している。NBAにドラフト1巡目で加入し、2年目もスターターで活躍しているというのは、本当に凄いことなのです。弥助も、大砲などを学び、日本語をマスターして、あの、あの織田信長に仕えたのは、本当に凄いこと。だって、あの「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」の信長ですよ。初めてみた黒い肌の弥助を偏見なく使っていたのは流石。
ちょうど2年前と1日前に八村くんがドラフトにて加入。

某N○Kが弥助の特集組んだくらいなので、弥助物語はこれからも続く。そしていずれ大河になればいいのに。なんてことを思いながら書きました。

映画館での思い出は短いですが、私らしい体験を書きました。一言で書けば「Divine」。あの思い出と記事にサントラをつけるならば、マーヴィン・ゲイの「Wholy holy」をバックにつけてほしい。We'll holler love love love across the nation theater, Wholy holy, all together in wholy... な経験でした。あのオジサン、元気かな。また映画館でお会いしたいものです。ここまで、何書いているの? という感じかもですが、映画秘宝を読んで頂ければ分かるかと。

表紙のイドリス・エルバが目印です。何卒よろしくお願いいたします。