SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Old Guard / オールド・ガード (2020) 1783本目

ヒーローたちに切なキュン『オールド・ガード』

本作の監督ジーナ・プリンス=バイスウッドは私のテンションを上げる監督の1人。彼女の『Love & Basketball / ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム (2000)』と『Beyond the Lights / 日本未公開 (2014)』でキュン死しそうになった。彼女が書く(脚本)/描く(監督)少女漫画的な展開にときめいてしまうのです。が、今回は監督だけを担当しており、原作は人気グラフィックノベルシャーリーズ・セロンがキュン死させてくれるはず! キウェテル・イジョフォーも出ているし! と、遅くなったけど観ました。

アンディ(シャーリーズ・セロン)は傭兵として、ブッカー(セバスチャン・ル・リブレ)、ジョー(ユスフ・アル = ケイサニ)、ニッキー(ニコロ・ディ・ジェノヴァ)と共に、元CIAのコプリー(キウェテル・イジョフォー)から依頼を受け、南スーダンにて子供たちを救出する任務を遂行するも、多くの兵士から攻撃され、彼らは死んだ。一方で、アフガニスタンで米海兵隊所属のナイル(キキ・レイン)が敵にやられたが、なぜか生き返る。アンディたちは不死身であり、何百年も傭兵として活躍しており、アンディたちはナイルの夢をみて、仲間が増えたことを知り...

何ていったって、シャーリーズ・セロンが最高に素敵でした。何千年も背負ってきた人の消耗感と責任感が出てました。この役は彼女以外考えられないほど。シャーリーズ・セロンだから、不死身になることに選ばれし者となった感じが凄くある。セロンの切ないながらも強いところにキュンとした。だって本人は不死身になることを特に望んでいた訳じゃないと思う。家族や友人と普通に人生全うしたかった感じがあり、それが切なかった。セロンだけでなく、コプリーやナイルなど殆どのキャラクターにそれぞれの切なさを感じた。このような激しいアクション映画ならも、そういう風に私を切なくさせたのは、流石ジーナ・プリンス=バイスウッドだ。この映画では、みんながヒーロー(守る側)で、ナイルがヒロイン(守られる側)ぽいけれど、彼女も最後にはヒーローになるのが好きだ。

(3.5点:12/06/20:1783本目)
www.blackmovie-jp.com