SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Watch / エイリアン バスターズ (2012) 1065本目

ベン・スティラーアダム・サンドラーか?と聞かれたら、悩むけど、今はベン・スティラーかなー。という私。両者共にコメディ映画で活躍する主演男優であり、ブルックリン出身のユダヤ人。比べたくなるんだよね。でもアダム・サンドラーの「ウォーターボーイ」とか「ウェディング・シンガー」とか大好きよ。今でもTVで放映していると見ちゃう。でもアダム・サンドラーはこける時は、とことんこけるよね。「リトル★ニッキー」とか「Mr.ディーズ」とか。それに比べると、ベン・スティラーはまあこける時もあるけど、アダム・サンドラーほど「やっちまったな!」感がない。まあ、ベン・スティラーにしたら、いまいちだけど、まあまあソコソコ見れるなっていう感じ。

そのベン・スティラーが「ドッジボール」で相性抜群な所を見せたヴィンス・ヴォーン、そして今やオスカーにノミネートされるまでになった面白太っちょ君ジョナ・ヒルと組んだ作品。となると、期待しちゃうんだよねー。しかもイギリスからリチャード・アイオワデを引き抜いてきた!これがあったから楽しみにしてたんですよ。リチャード・アイオワデとベン・スティラーは「Submarine / サブマリン (2010)」以来の付き合い。なぜかベン・スティラーがこのイギリス映画をプロデュースしているんです。ベン・スティラーはコメディに貪欲ね。こんなイギリスのコメディアンまでチェックしているなんて。リチャード・アイオワデは、コメディアンであり監督であり脚本家であり俳優。新人類。今回はそんな彼のエキセントリックな部分が、見事に物語と融合しております。

とは言え、ベン・スティラーが主役。彼らしい映画。コストコのマネージャーとか設定が面白い。しかもいつもみたいに単細胞な愛くるしいバカ。自分自身に一生懸命だし、他の事にも一生懸命。なので、視野が狭くて、空気読めない。いつもの感じ。

物語はコストコのマネージャーのベン・スティラー演じるエヴァンが、自分の勤めるコストコで殺人事件が起きてしまって、しかも警官から犯人扱いされてしまう。犠牲者の家族に犯人を捕まえる事を約束してしまい、自分で自警団(ネイバーフッド・ウォッチ)を設立。集まったのがヴィンス・ヴォーン演じるボブ、ジョナ・ヒル演じるフランクリン、そしてリチャード・アイオワデ演じるジャマーカスだけだった。町の人々から彼らはバカにされている節があるが、それでも彼らは続けた。町内を回っている時に、何かにぶつかり、しかも見たこともない球体を発見。捜査を続けていくと、エイリアンが居た。彼らはそれをボコボコにして、ボブの家に連れていくが...

車で轢いた後のタコの部分とか、最高に笑った。それに付随して映画で見るような刑事が情報を集めて壁に貼っていくシーンのところも笑った。コストコのメキシカンの警備員が死んだ後に、スティラーがスペイン語版のサイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」を聞いているのとかも笑える。ちなみにベン・スティラーが演じたエヴァンはスペイン語クラブを町内でやっている。

と、まあ「やっちまったな!」感がなく、ベン・スティラーの最高傑作じゃないけど、ソコソコ笑ってしまう映画。

でもタイミングが悪かったんだよね。フロリダのネイバーフッド・ウォッチをやっているジョージ・ジマーマンっていうバカが、丸腰の黒人少年トレイヴォン・マーティンを殺してしまった事件があったばかり。よって、タイトルを変更したり、プロモーションを縮小したりと、不運続きだった。そのせいか、アメリカでもイマイチ話題にならず、興行成績もイマイチ。それだけが問題じゃないとは思う。映画はそこそこ面白いんだけどね。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.75点/5点満点中:12/19/12:DVDにて鑑賞)