SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Gridlock'd / グリッドロック (1997)

Cast >> Tupac Shakur (Ezekiel 'Spoon' Whitmore), Tim Roth (Alexander 'Stretch' Rawland), Thandie Newton (Barbara 'Cookie' Cook), Charles Fleischer (Mr. Woodson), Howard Hesseman (Blind Man), James Pickens Jr. (Supervisor), John Sayles (Cop #1) ...
Director >> Vondie Curtis-Hall
Writer >> Vondie Curtis-Hall
Producer >> Damian Jones, Michael Bennett
Genre >> Comedy

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

"Life is traffic jam"
スプーン(トゥパック・シャクール)とストレッチ(ティム・ロス)とクッキー(タンディ・ニュートン)は音楽への情熱を共用し、そしてヘロイン中毒であった。新年を迎えた頃、クッキーがオーバードーズで意識を失っている事を発見。スプーンとストレッチは病院に連れて行こうとするも、車のない2人はタクシーも中々捕まらない。病院でも中々見てもらえなかった。そんな2人は、自分達も中毒を脱却しようと、更生施設に入ろうとするが、政府施設をたらい回しされるだけだった。そんな時に、仲間のマッド(ボキーム・ウッドバイン)が殺されているのを発見し、そこにあった薬を盗んだことで、キングピンのDリパー(フォンディ・カーティス=ホール)に追いかけられ、マッドを殺した容疑者として警察からも追いかけられるのであった...

トゥパック・シャクールが亡くなった数ヶ月後に公開された作品。人生は道に例えられる事が多いが、その通りである。人生は渋滞であり、グリッドロックでもある。停滞したときこそ、それを感じてしまうのである。音楽の才能を持ちながらも、ヘロインに溺れていく主人公達。道を潤滑に進んでいる時は、人はアクセルを全開にする。
やっと更生しようとした所で、職員に「お前達のタイミングで更生しようとのこのこやってきて、はいそうですかと助けてもらえると思うなよ!」という台詞もいい。中毒者にとっては止めようと思った今日は特別な日だが、職員にとってはまた別の中毒者にしかすぎないのだ。
またトゥパックとティム・ロスの関係も面白い。トゥパックは中毒ながらも、どこか平静を保っているが、ティム・ロスの役は完全に思考回路も回っていないジャンキーだ。

トゥパックもまた人生の渋滞から逃れる事が出来なかった。トゥパックはこの中で活き活きと生きている。そして生きようと必死だ。私生活はどうであれ、スクリーンの中で生きる、真のエンターテイナーだった。

(Unknown:9/30/12:DVDにて鑑賞)