SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Hit! / 黄金のプロジェクター (1973) 1314本目

こちらもストリーミングにあった系。観たかったんだよね。何ていったって、70年代の王子様...ランド男爵ことビリー・ディ・ウィリアムスが主役!しかもリチャード・プライヤーが共演。観ない理由が無いっす!ビリー・ディは本当ーーーに70年代は凄い人気で凄かったんだよ。デンゼル・ワシントンが出てくる前のデンゼルだと思って貰えれば分かりやすいかも。所謂セックスシンボルだった。これまた凄い人気だったダイアナ・ロスが主演で映画に進出するとなれば選ばれた相手役は当然のように、ビリー・ディ!!という感じですよ。そのダイアナ・ロスアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされ、2人の初共演となったのが『Lady Sings the Blues / ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実 (1972)』。そのビリー・ホリディの自伝映画で監督をしていたのが、シドニー・J・フューリー。今回のこの映画も監督しております!そして、スタンダップコメディアンではなくて、リチャード・プライヤーが俳優として認められるきっかけになったのも、そのビリー・ホリディの自伝映画。ピアノマンとしての好演が観客に好評だったのです!という訳で、『ビリー・ホリディ物語』のメンバーがマイナス・ダイアナ・ロスで挑んだ作品が今回の作品です!ってか、リチャード・プライヤーと言えば一般的にはジーン・ワイルダーとのコンビが有名かもだけど、ビリー・ディ・ウィリアムスとも4度も共演している名コンビなんだよ!私はビリー・ディと共演しているプライヤーの方が好きです。その方が役柄がいつもカッコいいから!いい感じなの、いつも。

フランスの港町マルセイユの沖で、怪しい男が海中に浮かぶ浮を拾い上げた。どうやらヘロインの元となるモルヒネであった。所は変わり、アメリカ。まだ高校生であろう女の子が若い男性に車で放課後に迎えに来てもらっていた。どうやら恋人らしい。欲しいレコードの発売日でレコード屋に早く行って!と女の子はねだるが、男はちょっと待ってと、女の子に会う前に買ったばかりのヘロインを用意するのだった。まず女の子がヘロインを打つと、そのまま意識が戻らず亡くなった。その女の子の葬式の為に戻ってきたのが、ニック・アレン(ビリー・ディ・ウィリアムス)だった。政府系エージェントの仕事をしている、その亡くなった女の子の父でもあった。ヘロインを売った男を突き止め、ボコボコにするニック。しかしそいつは売っただけ。こいつだけボコボコにしても、ヘロインはこの街から無くならないのだ!と、ニックはヘロインの巨大カルテルに挑もうとする。自分の仕事を生かして、ヘロインに対して憎しみがあり、そして特殊機能をもった人々をリクルートしていき、ヴィジランテを結成するのだった。自身がヘロイン中毒である娼婦、ヘロイン中毒者に妻をレイプされ殺害されたエンジニアの男(リチャード・プライヤー)、息子をヘロインで無くした初老の夫婦等... 彼等は、ニックの特訓を受けて、フランスのマルセイユに乗り込むが!!

という、70年代のブラックスプロイテーションらしい復讐劇!なんだけど、ちょっと長い。普通は1時間半前後にまとめてあるけど、この映画は2時間ちょいある。ヴィジランテを集めていくのが、ちょっと長いんだよねー。肝心のアクションが少なめ。まあ途中はカーチェイスとかあるけどね。この映画の良さはキャラクターですかね!死んだ娘の為にフランスまで乗り込むビリー・ディの渋さ故に、いつものように女性にモテモテなんだけど、ちょっと引いたりしちゃうのが最高だったりする!やっぱりビリー・ディ!モテ男の真髄を見せてくれている。そしてリチャード・プライヤーね。妻を殺されたというとても哀愁があり、切ない役柄。だけど娼婦の女性と絡む時に、プライヤー節が出ていて面白い!そしてプライヤーのネタの一つである「スーパー・ニ○ー!」も台詞で飛び出すよ。でも切ないところは本当に切なく演じていて、そのメリハリの良さがプライヤーの良さなのよね。泣かせたり笑わせたりと、忙しい!やっぱりプライヤーはビリー・ディとの方が良い役を演じているね。後は、息子をヘロインで無くした初老の夫婦も良い!なんていうか『ポセイドン・アドベンチャー』のシェリー・ウィンタースとその夫役の人を思い出した!あそこまで感動的じゃないけど!!そして、主役のニックは自分の仕事からずっとつけられていているんだけど、つける男の背の低い方が、オリラジの藤森にそっくりだった!まあそれだけなんですけど。

ブラックスプロイテーションぽいテンポの良さが無かったんですよねー。そこが致命的だったかと... で、最後の最後の台詞はなぜかフランス語。英語版だと、それに英語字幕がつく訳でもなく...フランス語分からないので「ん?何て?」とで終わるみたいな。フランス設定も要らなかったかもね?にしては、割りと私点数高いね。どうしてだ?

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:12/23/14:ストリーミングにて鑑賞)