SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

A Dry White Season / 白く渇いた季節 (1989)

Cast >> Donald Sutherland (Ben du Toit), Janet Suzman (Susan du Toit), Zakes Mokae (Stanley Makhaya), Jurgen Prochnow (Captain Stolz), Susan Sarandon (Melanie Bruwer), Marlon Brando (Ian McKenzie), Winston Ntshona (Gordon Ngubene), Thoko Ntshinga (Emily Ngubene) ...
Director >> Euzhan Palcy
Writer >> Colin Welland, Euzhan Palcy, Robert Bolt (uncredited), Andre Brink (novel)
Producer >> Paula Weinstein, Tim Hampton, Mary Selway
Genre >> Drama

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Greatness of movie
1976年南アフリカ。元有名なラグビー選手で、今は学校の先生をして妻と娘と息子と共に裕福な生活をしていたベン(ドナルド・サザーランド)。ベンと同じ学校で庭師をしている真面目な男ゴードン(ウィンストン・ヌショナ)の息子ジョナサンが運悪く逮捕されてしまう。ゴードンから助けを求められたが、何も出来ずに居た。ジョナサンは学校でのデモに参加しまた逮捕された。ベンはまたも助けを求められた。そしてジョナサンはいつの間にか刑務所の中で亡くなっていた。そして情報を手に入れようとした父のゴードンも、警察によって逮捕され、刑務所で亡くなってしまう。さすがにベンは必死になり、凄腕弁護士マッケンジーマーロン・ブランド)に頼むが、徐々にベンの生活は変化していく...

1987年の「遠い夜明け」という反アパルトヘイト映画が作られてから、アメリカやイギリスでは多くの反アパルトヘイト映画を制作していた。「遠い夜明け」がそうだったように、多くは白人の主役を置いて制作されていた。この映画もその1つに間違いない。しかしこの映画はマルチニック出身のユーザン・パルシーが監督している。彼女はこの作品でアフリカ系由来の女性として初めて大手制作会社にて映画を作った女性として歴史に名を刻んだ。その歴史的な映画は映画界最後の大物マーロン・ブランドの心を動かした。体調が優れず引退していた彼を出演させて、しかもアカデミー賞の助演にノミネートさせている。そしてパルシーはこの映画の冒頭から白人の男の子と黒人の男の子が平等に遊ばせて、強烈なメッセージをこめている。そして大人のモラルが徐々に目覚めてきた頃、その少年は既に同じように目覚めている。未来を担う子供達への希望。しかし私達に突きつける悲しい現実。それらを実にスリリングにそしてドラマチックに淡々を語っていく。

白人男性を通してモラルとは何か?正義とは何か?大人として出来る事は何か?を問いかけられる。見終えると、我々もベンと同じように感じている筈。それが映画に出来る素晴らしい事の1つ。

(4/16/11:DVDにて鑑賞)