SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Dr. Black, Mr. Hyde / 日本未公開 (1976) 868本目

騙されたのよ。アマゾンでこの映画のDVDのジャケット見て、てっきり35周年記念「バージョン」だと思ってたんですよ。という事は珍しい特典映像が入ってたりするのかな?って。ジャケットの感じも割とカッコいいじゃないですかー。買ってしまえ!と買いましたさ。所がさ、ただ単に「35周年!!」という事で、バージョンじゃないらしい。確かにどこにも「バージョン」なんて書いてないのよ。特典は予告編のみ。コメンタリー特典もなし... がっくし。やられた。詐欺並みよ。でも主演のBernie Casey (バーニー・ケイシー)大好きだから、無理矢理納得させた自分を。じゃなかったらこのDVD発売しているVCIエンタテイメントをT.N.T.してる所ですわ。

でも割と面白かった。ロサンジェルスのワッツが舞台。何ていうか、モロにワッツ。そこで無料診療所をやっているのが、バーニー・ケーシィ演じる医者。彼は研究も認められていて、賞にも輝いている程の人物。しかし、今回の肝臓治療の研究が中々上手くいかない。苛立ちと焦りで、自分でその血清を試してしまうのです。まあそうすると変身するよね。何に変身すると思います?ヒント「黒人映画」。そう、白人に変身しちゃうんだね。しかも超人ハルクばり。元々バーニー・ケーシィは大きいじゃないですか。元フットボール選手ですし。彼の体格が生かされた感じですかねー。そして医者として成功しているのにも関わらず、過去のコンプレックスに取り憑かれており、それらを執拗に追うんです。何かちょっと悲しい。ホラーなのに切ないわー、こんな感じ「Blacula / 吸血鬼ブラキュラ (1972)」以来だわーと思っていたら、監督が同じウィリアム・クレイン。

ウィリアム・クレインはチャールズ・バーネットやハイレ・ゲリマと同じ時代にUCLAの映画科に居たのだけど、彼だけはなぜか「LA Rebellion(LAの反逆者達)」には属さなかった。「Penitentiary / 日本未公開 (1979)」のジャマー・ファナカが居たのだから、クレインも居ても良かったと思うのだけど... 彼は「ブラッキュラ」とこの作品以外は、商業的な映画ばかりを撮っていた。でもこの2作品は非常に黒人らしい作品で、黒人ならではの哀しさがあります。しかもワッツの象徴であるワッツタワーで「キングコング」をオマージュ。同僚の最後の台詞がこれまた切ない。

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)