SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Thunder Soul / 日本未公開 (2010)

Cast >> Conrad O. Johnson Sr., Craig Baldwin, Craig Green, Bruce Middleton ...
Director >> Mark Landsman
Producer >> Mark Landsman, Keith Calder, Jessica Wu
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 5

Those kids live it
テキサスのヒューストンの北に位置するカシミアの高校のジャズバンド。1968年、彼等は強烈な時代の変化を受け、羽ばたこうとしていた。コンラッド・O・ジョンソン先生の指導は厳しかったが、生徒が練習終わりに演奏していたファンク音楽を聴いて、先生は生徒達のやりたい音楽ファンクをやらせてみる事にした。そこで彼等は才能を発揮し、大きな大会でも優勝。ヨーロッパや日本という世界に羽ばたいたのだった...

このドキュメンタリーによれば、アメリカの高校のジャズバンドは古い歴史があり、50年代から続いているそうである。大抵はデューク・エリントンカウント・ベイシー等のスタンダードなジャズだった。コンラッド・O・ジョンソン先生の率いたカシミア高校のジャズバンドも最初はそうだった。ジョンソン先生は黒人大学を卒業し、プロでもやっていける程だったが、結婚し落ち着く事を希望していたので、高校の音楽の先生になった。ジャズのバンドとしても大会で優勝していたが、ファンクバンドとなってからは大きな大会で優勝し、世界にまで出かける程に注目された。60年代後半から70年代前半の激動の時代に高校生だった彼等。彼等もまた公民権運動を肌で感じた子供たちだったのだ。

そのオリジナルバンドのリユニオン・ライブの映像もある。彼等は50代となっていた。当時の時代を反映した大きなアフロは姿を消し、代わりに大きなお腹が増えている。このリユニオン・ライブの指揮を執ったのが、当時の問題児だった。日本だってアメリカだって同じなのだ。加藤優はアメリカのヒューストンの小さな町カシミアにもいるのだ。

(2/15/12:DVDにて鑑賞)