SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Louder Than a Bomb / 日本未公開 (2010)

Cast >> Kevin Coval, Adam Gottlieb, Lamar Jorden, Peter Kahn, Nate Marshall, Nova Venerable ...
Director >> Greg Jacobs, Jon Siskel
Producer >> Greg Jacobs, Jon Siskel
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 4 Music >> 5

This for every kid, whose voice has been louder than a bomb
シカゴには高校生が参加出来るポエトリー・スラム「ラウダー・ザン・ア・ボム」がある。前年度優勝したスタインメッズは、スラムにあり環境の良くない高校。ラマー・ジョーダンがエースとなっていたが、優勝しただけに怠惰な面も出てきた。オークパークに通うのがノヴァ。彼女は家庭で大変な問題を抱えているが、それを詩として吐き出す事で彼女自身を変えていっていた。ホイットニー・ヤングに通うのがネイト・マーシャル。彼は6回も大会に出場しているベテラン。しかし家庭では親がクラック中毒だった事もあり大変だった。しかし学業は優秀。ノースサイドという豊かな高校に通うのがユダヤ系のアダム。彼はこの大会のロックスター。それぞれの思いを詩にぶつけていく...

詩にぶつけていく青春。スタインメッズの子達は下手したら、詩に出会っていなかったら、別の悪い方向に向かっていっていたかもしれない。でも彼等は幸運にも詩に出会う。ホイットニー・ヤングのネイト・マーシャルが詠うように、詩と言えば根暗な奴等がする事だったかもしれない。でも彼等は詩によって自分達の言葉を見つけ、不安や不満を言葉でぶつけていく。自分達の武器をもった子供たちは、どんどんと翼を広げていくのがよく分かる。それを助ける大人達にも悩みがある。スタインメッズの先生スローアンは、そんな子供達に素直な気持ちをぶつけていく様も感動的だ。普段は悪ぶっている子供達は、そのスローアンに心を打ち解け、涙を流す。

彼等が詩を読むとき、何よりも自由で伸び伸びと自分達を表現している。タイトル通り、その言葉達は爆弾なんかよりも大きく人々の心に突き刺してくる。

(4/4/12:DVDにて鑑賞)