SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

"30 for 30" Bad Boys / 日本未公開 (2014) (TV) 1222本目

NBAのプレイオフ楽しいね!やっぱり!!というタイミングでTV放映されたのが「"30 for 30" Bad Boys / 日本未公開 (2014)」だ!タイトルとNBAで、NBAファンにはああー!デトロイト・ピストンズ!!と分かってくれるが、映画ファンにはなんでウィル・スミスとマーティン・ローレンスマイケル・ベイがスポーツ映画なんや!と思うでしょう。実はウィルもマーティンもマイケルもマイアミも関係ない。「バッドボーイズ」のオリジナルは、こちら(まあ更に詳しく言うと70年代のNFLのレイダースがオリジナルかな?)。アイザイア・トーマスがデトロイト・ピストンズに加入したのが、1981年。そこから「バッドボーイズ」の歴史が始まる。どこまでも嫌われ役に徹したNBA界の「悪役商会」。でも滅茶苦茶強かったのが「バッドボーイズ」!!

NBAの80年代は何と言ってもマジック・ジョンソンが率いるロサンジェルスレイカーズと、ラリー・バードが率いるボストン・セルティックスの対決。大体どちらかが優勝していた時代でした。そんな所に登場してきたのが、アイザイア・トーマス。シカゴ出身なので、シカゴ・ブルズに入りたかったが、ドラフトされたのはデトロイト・ピストンズデトロイトはもちろん大都市のひとつではあったが、シカゴやロサンジェルス等に比べるとそこまで大きくない。ので、NBA界でもそんなに力を発揮出来ずに居た。しかしトーマスを得たピストンズは、次々とスター選手を獲得する事に成功。プレイオフにも顔を出すようになり、ビル・レインビアジョー・デュマース、リック・マホーン、デニス・ロドマン、ジョン・サリー、マーク・ アギーレ等が集まってくる。歯に衣着せぬインタビュー、そしてプレー中では執拗なまでのマークによるズルいファウル等で、とにかく「バッドボーイズ」なピストンズNBAファンに嫌われた。しかし、地元デトロイトにはとても愛された。車の町デトロイト。しかし車産業が曇り始めたのもこの時代。町には失業者が溢れ、希望も無かった。あの「ロボコップ」が制作されたのもこの頃だった。もしかしたら、デトロイトは「ロボコップ」で描かれたような町に本当になってしまうのではないか?という不安もよぎっていた。その中に現れた「バッドボーイズ」。悪役だったけど、デトロイトで唯一好調だったピストンズデトロイトの人々は惹かれていく。

しかもこのドキュメンタリーでは当時のメンバーが勢ぞろい!まあ仲良くそろって登場している訳じゃないけど、それぞれちゃんとインタビューを受けていて、みんなちゃんと答えている。しかもエイドリアン・ダントリーまでちゃんと出てきて答えている!!アイザイア・トーマスと仲悪いんだよね。何か苦々しい顔でインタビュー受けていて、それも良かった。というか、各メンバーデトロイトの廃屋にてインタビューを受けている。今のデトロイトの現状が分かる効果的な映像。あ、自分の30 for 30には出てないのに、なぜかこちらではマイケル・ジョーダンが登場して話しているのも驚き!例の試合時間があるのに出て行ったピストンズの事を、ジョーダンは嫌っていた筈。なのに出ているんですよ!

と、書いてますがね、実はピストンズが優勝した頃のNBAはそんなに見ていない。まだ中学生から高校になる頃だったので... 私がNBAにハマったのは、「Blue Chips / ハード・チェック (1994)」という映画でアンファニー・ハーダウェイ、所謂ペニーたんが「Coach, I'm homesick」と言ったシーンからなので、そのちょっと後なんですわ。珍しいタイプでしょ?映画からNBA。あんな切ない顔でホームシック言っていたので、。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!と乙女心に突き刺さり、NBAにハマりました。で、私が中学生から高校位の間に、NBAの選手のアニメぽいイラストのTシャツが流行っていた。普通ならマジック・ジョンソンとかラリー・バードを買うんでしょうが、普通が嫌だったので、なんかイラストが可愛かったアイザイア・トーマスのTシャツを着ていた私。あ、これこれー!懐かしい。後ですね、高校時代に始めてアメリカに渡りホームステイっていうのをしたんですが、その時にはデトロイトが乗り継ぎでして... まあ初めてのアメリカでものすごくテンション上がってました。そんな時にデトロイトの空港買ったのが、MCハマーの「U can't Touch This」のTシャツ。なんでハマーがデトロイト?というのを考えもしなかった。MCハマーの人気は凄かったから。今でも鮮明に覚えているんだけど、レジの黒人の若いお姉さんが「へえー!あなたも好きなの!!」って彼女もテンション高めだった。私はMCハマーの事かと思って、「Yes!」と精一杯答えたんだけど、今思えばデトロイト・ピストンズの事だったんだと思う。っていうのを、この映画終わりのスペシャル番組でジャレン・ローズが「U can't touch this!」って言ったのを聞いて、全てが繋がりました!デトロイト・ピストンズの事なのよね。という事で、知らずにデトロイト・ピストンズのTシャツを2枚も着ていた私。ペニーたんのオーランド・マジックを経て、今はオクラホマ・サンダーのファンです。ぶれぶれです。

感想やオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:4/17/14:TV放映にて鑑賞)