SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Oldboy / オールド・ボーイ (2013)

Cast >> Samuel L. Jackson (Chaney), Josh Brolin (Joe Doucett), Elizabeth Olsen (Marie), Sharlto Copley (Adrian Pryce), Lance Reddick (Daniel Newcombe) ...
Director >> Spike Lee
Writer >> Garon Tsuchiya & Nobuaki Minegishi (Comic), Mark Protosevich
Producer >> Spike Lee, Roy Lee, Doug Davison
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 4 演出 >> 5 音楽 >> 4

"Guns Don't Kill, People Do"
1993年10月8日、ジョージョシュ・ブローリン)はアル中気味だが、いつも通り出勤していた。妻からの電話で娘の3歳の誕生日を忘れたジョーに妻はカンカンだった。しかも夜は大事な取引先との食事。しかもその食事の席で取引先の大事な顧客(ランス・レディック)の恋人をナンパしてしまい、顧客はカンカン。失敗をしでかしたジョーは泥酔。小さい頃からの友達チャッキー(マイケル・インペリオリ)は、そのジョーの姿を見て呆れる程だった。しかし、ジョーはその瞬間に消えてしまう。ホテルの一室のような所で目が覚める。そして自分が妻殺しの犯人となっていた。その一室でジョーは20年過ごす事になったのだった...

日本の漫画が韓国映画となり、そしてハリウッド映画となった。しかも監督は、ブラックムービー界の革新者スパイク・リー。まさかスパイクが娯楽映画のリメイクをやるとは、90年代には考えられなかった事だ。いつも何か新しい事、そして自分の意見を映画に詰め込むスパイクが、人が先に作ったものを改変していくなんて、誰が思いつくだろう?しかしこの新しい試みは、私にとって新たなスパイクを知るためにとても有意義な事となった。そして例えリメイクであっても、スパイクはやはり自分の意見をガンガンに映画に反映する男であった。冒頭からいきなり「銃は人を殺さない、人が殺すのだ」という不可解な店の看板。その後に続くハンマーそして銃での残虐なシーンの数々。そしてお約束のドリーショット。
しかし韓国の映画からは設定が変えられており、その分ジョーとエイドリアンのラストが弱い。台詞も韓国版に比べると、刺さるような台詞が無い。

それにしてもだ、TV洗脳を上手く皮肉っていて、リメイクながらもスパイクの真髄が感じられる作品だ。

(3/14/14:DVDにて鑑賞)