SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Kick-Ass 2 / キック・アス/ジャスティス・フォーエバー (2013) 1797本目

いやー、面白かったよー。アメリカではなぜか興行成績もこけて、評判も良く無かったけど、私は十分に楽しめた!そりゃ、オリジナルの前作と比べると、面白さは落ちるかもだけど、それでも十分!というか、ヒット・ガールがカッコよくて可愛いければ、良いじゃんか!という事で、今回はヒットガールのお父さんの元相棒マーカス・ウィリアムスが、なぜかモリス・チェスナットに変更しているけれど、スーパーヒーローの一人にドナルド・フェイゾンが登場。そしてニコラス・ケイジは前作で殉職で、今回はジム・キャリーが登場!ジム・キャリーってガリガリなイメージだったけど、この映画はムキムキで最強!「大佐(Colonel)」っていうのが、意外と合っていた!!

と、言う訳で、今回はデイブ(アーロン・テイラー=ジョンソン)は前回キック・アスとして悪者をやっつけたけど、キック・アスをまたやる事を父親に反対されているのもあって、平凡な「普通」の?高校生活を退屈に過ごしていた。今年からは、ヒット・ガール事ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)も同じ高校に入学していたが、中々学校で見かける事はなかった。ミンディは父親代わりの父の元相棒マーカス(モリス・チェスナット)の元で生活しており、マーカスはミンディの失われた学生生活を取り戻して、「普通」に過ごして欲しいと願っていた。しかしそんな願いとは裏腹に、ミンディはヒット・ガールとしての訓練を毎日し、学校をサボっていたのだった。デイブはまたヒット・ガールと共にスーパーヒーローとして活躍したい!と、ミンディに一緒に訓練してくれるように頼む。その一方で、前回キック・アスに父親を殺されたレッド・ミスト事クリス(クリストファー・ミンツ=プラッセ)もまた母親に外に出ないように、学校も止めされてホームスクールで、しかも監視員ハビエル(ジョン・レグイザモ)を付けられていたのだが...

今回は「普通」を願う親たちと、「普通」を嫌う若者達の葛藤。親たちは子供に「普通」さを求めるあまり、子供たちの才能を閉じ込めてしまう時もある。でも親なら当然のように一番の心配は子供の安否である。子供を守る事が親の最大の愛の印。しかしその間で、子供たちは葛藤していき、成長していく。だからか、私はあの刑務所のシーンで思わず涙が出てしまった。

そして、私はつい最近偶然にも「Superheroes / 日本未公開 (2011) (TV)」を見たのも影響しているかもしれない。このドキュメンタリーに出ていた一般人でスーパーヒーローに憧れている人たちの夢を実現させているのが、この映画だ。絶対に今回の脚本と監督のジェフ・ワドロウはこのドキュメンタリーを見ていて、何かを感じている筈。なぜなら「ジャスティス・フォーエバー」の面々がコスチュームを付けてボランティアしているシーンや夜に町を徘徊しているシーンは、まさにあのドキュメンタリーと被るのだ。もうラストは、そんな彼等の夢が実現されている。

私が気に入ったのは悪役。クリストファー・ミンツ=プラッセが演じるクリス、そして今回はザ・マザー・ファッカーに絶望感があっていい。絶望ゆえのいい加減さ。死ぬ気の男は、細かい事なんてどうでもいいのだ。だから、最強の「悪役商会」を結成する時に、個々につける愛称が適当でいい。しかもザ・マザー・ファッカーは差別的。悪くてなんぼの世界じゃ!しかし、マザー・ロシアが良い!久々に最強な悪役見た!!って感じ。ロボット的で、絶対に勝てそうもない雰囲気が最高だ!女ドラゴなのだ。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点中:2/11/14:DVDにて鑑賞)