SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Teacher of the Year / 日本未公開 (2014) おまけ

日本公開されていないみたいなので紹介。まあ日本公開されないだろうけど...多分!でも、あのrottentomatoes.comでなんと今の所100%と評判が良い。って言っても未だ7人からの評価で100%だけど、それでも100%は凄いよね。実際に私も観てみて面白かったのもあって、紹介しまーす。

タイトルのように「ティーチャー・オブ・ザ・イヤー(年間先生賞)」を取ったロサンジェルスのチャーター高「トルーマン高」が舞台。LAで...じゃなく、カリフォルニア州全体の「ティーチャー・オブ・ザ・イヤー」を取ったのが、英語教師ミッチ・カーター。凄い事です。しかし校長をはじめ、他の先生たちや生徒もどうもやる気ない。普通の高校。生徒も簡単なスペリングも無理。授業中は先生によって変わる。尊敬されている先生はみんなちゃんと授業聞くけど、若いダメ教師はみんな寝ているか喋っているかどちらか。うちの高校じゃないか!とちょっと思った。こんな感じでしたわ。超バカでもなく、もちろん良い訳じゃない真ん中の公立の高校でした。そんな中で、「ティーチャー・オブ・ザ・イヤー」のカーター先生は他の学校からの引き抜きがある。遠いし、給料もまだハッキリしていないので躊躇している。そんな中、そのカーター先生の同僚で親友のブライアン・キャンベル先生が女子生徒に何かをしたと問題になる。校長はキャンベル先生を即効切ろうとしており、教頭は生徒指導に燃えていて、でも責任感ある仕事はすべて校長に丸投げで校長の後を付くだけ。キャンベルを守ろうとカーターはその女子生徒と母親と校長の懇談会に挑むが...

っていうのを、所謂モキュメンタリーで撮っている。カーター先生が「ティーチャー・オブ・ザ・イヤー」を獲得したので、それの密着という形。インタビューを受けていたりするのです。最初はね、あれ?外しているかな?なんて思ったけれど、モキュメンタリーを一躍有名にした『スパイナル・タップ』についての言及があってから面白くなっていく。『スパイナル・タップ』の有名な「ボリュームが11まであるアンプ」を使うのです。

なんでこの映画観たかというと、キーガン=マイケル・キーが出ているからです!コメディセントラルのコント番組『キー&ピール』のキー!『Let's Be Cops / 日本未公開 (2014)』にも出てましたよね。これからどんどん来ますよ、キーとピールは!!っていうか、私の大好きな『ポリス・アカデミー』をリブートするのも彼等。楽しみすぎます。そのキーが演じているのが「トルーマン高」の校長先生!!しかも名前がRonald Douche。日本語にするなら、ロナルド・バカ野朗っていう感じ?ドゥーシェでバカとか間抜けとかいう意味なんだけど、校長先生の名前はドゥーシェイ!だと言い張ります。もちろん高校生のいいネタ。みんなドゥーシェ呼び。その度に校長が怒る。というように、全然好かれていない校長を演じている。U字ハゲで頑張っている。

進学カウンセラーの2人とかも最低です!ロボット学の先生も最低。この3人はやりすぎかな?ちょっと。他の先生にタムリン・トミタが!カーター先生のいい相談相手。というか唯一まともな相談相手。いい事言っているんですよー。「生徒の親たちは、生徒を彼等自身の分身だと思っている」って。いや本当にその通りなのかも。

そして歴史の先生で生徒に尊敬されているのがハリー・ベラフォンテの娘シャリ・ベラフォンテ!彼女はこの映画のプロデューサーでもあるのです。

最後、泣いちゃうかと思った!!私、泣きそうになりました。上手いわー。ありがちな感動ではあるんだけど、そこまでの運び方が上手い!

ホームページには登録していないので、IMDBでどうぞ

(4点/5点満点中:VODにて鑑賞)