SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

My Own Love Song / 日本未公開 (2010)

Cast >> Forest Whitaker (Joey), Renee Zellweger (Jane Wyatt), Madeline Zima (Billie), Nick Nolte (Caldwell) ...
Director >> Olivier Dahan
Writer >> Olivier Dahan
Producer >> Alain Goldman
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Not Blowin' in the Wind
ジェーン(レネー・ゼルウィガー)が、バーで1人で飲んでいると男が話しかけてきた。会話も弾み、場所を移そうとすると、男は急に予定があると帰ってしまった。ジェーンの車椅子を見たからだった。ジェーンにはジョーイ(フォレスト・ウィッテカー)という友人が居た。彼は天使の存在を信じる吃音の男だった。ある日、ジョーイはジェーンに貸した本を探すので、ジェーンが居ない間に家をぐちゃぐちゃにしてしまう。警察に連れていかれたジョーイだったが抜け出して、ジェーンが寝ている間に家の片付けをする。そこでジョーイはジェーンの息子からの手紙を発見し...

レネー・ゼルウィガーとフォレスト・ウィッテカーが難しい役に挑戦しているドラマ。ゼルウィガーが演じた女性はかなり屈折したシンガーで、ウィッテカー演じたジョーイは逆に純粋過ぎる位の真っ直ぐな人間。その2人が仲がいいのが、理解出来る。正反対の物に惹かれる合う感じ。その正反対の2人が途中ロード映画風ありの、ロック映画ありの... のドラマを繰り広げていく。この映画でやろうとしている事は十分に理解出来て、面白いのではあるのだけど、途中平坦でスローな部分もあり、そして最後は大体理解出来てしまうために集中力を途絶えさせてしまう。

映画としては割りと普通なんじゃないかと思うが、熱烈なレネー・ゼルウィガーのファンにはおススメかもしれない。彼女がボブ・ディランの歌を歌うなんて...

(2/27/11:DVDにて鑑賞)