SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Babies / 日本未公開 (2010)

Cast >> Mari, Hattie, Bayar, Ponijao
Director >> Thomas Balmes
Producer >> Alain Chabat
Genre >> Documentary
Country >> France

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 4

Babies got feelings
フランスの映像作家トマス・バルメスが東京、モンゴル、サンフランシスコ、ナミビアに生まれた4人の赤ちゃん達を追う。

赤ちゃん達が主役なので言葉もナレーションも無い赤ちゃんの姿をひたすら追ったドキュメンタリー作品である。お母さんやお父さん達の会話は多少あるが、言葉のない映像で不思議ではあるが、途中である事に気がつく。赤ちゃん達は非常に表情が豊かで言葉なんて要らない事を。言葉が無いからこそ見えてくる物がこの映画にはあった。そして生まれた環境こそ全く違うが、それぞれが大して変わらないスピードで成長していく。その環境の違いがとっても面白かった。動物とは切っても切れない生活をしているモンゴルの家族に生まれた赤ちゃんは動物にも容赦ない。ナミビアの赤ちゃんも野良犬の手が玩具。犬の方が迷惑な顔をしている。日本の赤ちゃんは動物園で状況が分からない顔をしている。そしてサンフランシスコの家族が病院でSIDS(突然死)の説明を受けている中、ナミビアの赤ちゃんは石を舐めている。それでも赤ちゃんは立派に成長していく。

子供達が自分の足で立つまでを追っている。危なげに立つ赤ちゃんから、立派に歩く赤ちゃんも居る。子供達がまだ数語しか話さない中で、様々な表情で彼等はお母さんに何かを訴えている。その表情を見ていると、どんな環境でも母親からの吸収をタップリと受けている事が感じられる。そして愛情も。

(10/15/10:DVDにて鑑賞)