SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Babies / 日本未公開 (2010) 769本目

この作品を知ってからというものなぜかとても惹かれ見たいと思っていた作品です。東京、モンゴル、サンフランシスコ、ナミビアで生まれた赤ちゃん達を追うドキュメンタリー。これがとっても変わっていて面白かった。まずナレーションもないし、会話もない。たまーーにお母さんが赤ちゃんに向かって話すか怒るか程度で、その言葉は敢えて英語に訳したりはしていない。モンゴルのお母さんが物凄い勢いで怒るけれど、さっぱり何を言っているかは分からないけれど、赤ちゃんの表情だけを追っております。あ、でもサンフランシスコの赤ちゃんとお母さんが病院に行った時にSIDS(乳幼児突然死)について病院で説明されているシーンはあった。フランスの映像作家トマス・バルメスが監督。根気良く4人の赤ちゃんを追ってます。フランスだけにアンニュイだなーと最初は感じたのですが、突然途中から感じなくなりました。

自分も子供が居るせいか、赤ちゃんの表情には涙腺が滅法弱くなりました。うちの子供は(生意気なでも可愛い)ティーンに成長してしまいましたが、赤ちゃんの頃を思い出し涙腺がウルウル。と共に、面白いドキュメンタリーで全く違う環境で生まれた子供達を見る事で色んな事が見えてきましたね。サンフランシスコの赤ちゃんとお母さんは病院の赤ちゃん検診にてSIDSについて説明を受ける中、ナミビアの赤ちゃんは外で石舐めてる。ナミビア洗顔だってお母さんが赤ちゃんの顔を舐めるのです。オムツもないから、うんちしたらお母さんの膝で綺麗にして、それを棒でとって綺麗にする。日本の赤ちゃんが狭い託児所や玩具が沢山詰まった玩具屋に居て戸惑った顔をしている中、モンゴルの赤ちゃんはおにいちゃんに虐められ、放し飼いになっているにわとりに襲われそうになったり、でもそういう環境が逞しくするのか、動物の扱いが雑。ハイハイをするようになると、モンゴルの赤ちゃんは紐で縛られてる。でも紐がない時には広大な土地で永遠にハイハイ。ナミビアとモンゴルの赤ちゃんからは逞しさを感じましたね。でも日本とサンフランシスコの赤ちゃんが極端に恵まれた環境と描かれているのはどうかな?とは思いました。

赤ちゃんでも生きるという事に一生懸命。「生きる」という事は凄いなと思わされました。そしてどの赤ちゃんもお母さんから沢山色んな事を吸収してますね。

若い頃は赤ちゃん苦手でした。でも嫌いじゃなかったよ。兄弟でも従姉妹でも私は末っ子なんで、自分より若い人への扱いや接し方が分からなかったんです。そんな私が今はこういう映画を見たいと思わせてしまい、さらに泣いてしまうんですから、赤ちゃんの魅力って偉大よ。もうとにかく赤ちゃん抱きたい!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて頬緩みぱなしで鑑賞)