SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Street Wars / 日本未公開 (1992)

Cast >> Alan Wone (Sugarpop/Charles Williams), Clifford Shegog (Humungus), Michelle Johnson (Twyla), Vaughn Cromwell (Christy), Curtis Bush (Montana), Bryan O'Dell (Frank), Eric Kohner (Gratz), Khalid Muhammad (Himself), Bruce Glover (Chief Reed) ...
Director >> Jamaa Fanaka
Writer >> Jamaa Fanaka
Producer >> Bert Caldwell, Jamaa Fanaka, Beatrice Gordon, Robert L. Gordon Jr., Bryan O'Dell, Winifred Ushery
Genre >> Action

総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 4 Music >> 3

Boyz N the Hood meets Airplain! ???
みんなからシュガーポップと呼ばれているチャールズ(アラン・ウォン)は、ミリタリーの士官養成学校に通いトップの成績で、名門のウェストポイントへの入学が認められていた。その間の休暇に故郷のロサンジェルスのサウスセントラルに戻る。そこでは兄のフランク(ブライアン・オデル)がドラックの売人として幅を利かせ、大きな組織を牛耳っていた。しかしグラッツという男がそれを乗っ取ろうとし、組織の裏切り者ロックを送り、フランクを執拗に攻撃し始める...

完全に前年の「ボーイズ’ン・ザ・フッド 」を意識した作品。シュガーポップが帰ってくる通りが、ドウボーイやトレが居そうなストリート。でもそこには監督のジャマー・ファナカらしさがあって、底辺の人々の叫びがある。シュガーポップは頭を使う。自分の同胞である町の人々をドラック漬けしない為にもドラックでお金を儲けるのではなくて、白人のように株でお金を儲ける。ファナカらしい前向きさが見える。
ただ、やはりどうしてもウルトラライトエアプレインでドライブバイシューティングは、コメディにしか見えない!途中の葬式もいくら故人の願いとは言え、軽すぎて笑ってしまう。

エンディングでは、1991年...所謂ブラックムービーの黄金時代に黒人監督によって制作された作品のタイトルが並ぶ。ジャマー・ファナカはそれを完全に意識して作った筈。ジャマー・ファナカらしさも健在。完全に80年代が抜けきっていないところもそう。しかし、以前のファナカはそのコミカルならしさは、非常に魅力的で愛すべきものだった。今回のファナカは下手に笑うしかない。これを最後にファナカが映画を作ってない事が何よりも物語っている。

(9/11/10:DVDにて鑑賞)