SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Welcome Home Brother Charles / 日本未公開 (1975)

Cast >> Marlo Monte (Charles Murray), Reatha Grey (Carmen), Stan Kamber (Jim), Tiffany Peters (Christina Freeman), Ben Bigelow (Harry Freeman) ...
Director >> Jamaa Fanaka
Writer >> Jamaa Fanaka
Producer >> Jamaa Fanaka
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 3 Direct >> 4 Music >> 5

Corruption, Prejudice and Vegeance... Gre-e-e-a-t! if you like Jamaa Fanaka
チャールズ(マーロ・モンテ)とN.D.は町で麻薬取引やピンプ等をしていた安っぽいチンピラだったが、ある日張り込みをしていた刑事に運悪くチャールズだけ捕まった。捕まえた刑事ハリーは人種差別者で警察に連れていく間に車の中でチャールズの大事な部分を剃り落した。チャールズは3年間の刑務所暮らしとなり、出所後は全てが変わっていた。そんな時、大事な部分に不思議な力が宿んでいる事を知り、チャールズの復讐が始まる。

この手の復讐劇が得意なジャマー・ファナカの長編デビュー作。その次の作品「Emma Mae」が学生時代に作られた作品なので、こちらもUCLA在籍中に作られた作品になる。ジャマー・ファナカはLAの都会に存在する腐敗とか偏見を底辺に住む人々の生活を通して描くのが上手い。そして80年代のカルト映画となった「Penitentiary」のように、刑務所という場所を奇妙に描くのも上手い。今回は写真のモンタージュを用いて、刑務所の殺気を描き出している。そしてオープニングで映るアフリカの彫刻となんとも言えない耳にまとわりつくアフリカ調の音楽がこの映画の奇妙さを語っている。

映画は何てこと無い在り来たりの復讐劇かもしれない。しかし節々にジャマー・ファナカの強烈な叫び声が聞こえてくる。それは底辺に暮らす人々の声でもある。

(7/15/10:DVDにて鑑賞)