SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Undisputed / デッドロック (2002) 975本目

ウェズリー・スナイプスヴィング・レイムス、そしてウォーター・ヒル。名前見ただけでも、どんだけ男臭い映画に仕上がっているのかと思ったら... 割とさっぱりしてましたね。もちろん女々しい訳じゃないけど、思っていたほど男男〜〜〜してませんでした。いや、物語は男臭い。でも、映像が割りとスタイリッシュ。ウォーター・ヒルの「The Warriors / ウォリアーズ (1979)」ぽいどす黒い映像を期待していたんですよねー。

まあ獄中ボクシングと言えば、「Penitentiary / 日本未公開 (1979)」。冤罪の男が罠にハマって拳闘ボクシングで、シャバに出るという、あれね。というか、ジャマー・ファナカはこの映画の脚本家を盗作で訴えたら、勝てるんじゃないか?位、酷似。でもジャマー・ファナカの「Penitentiary」には、獄中ぽい気持ち悪さとか気味の悪さとか、ネバネバしてゴツゴツした映像力があったけど、これには全く無いですね。それが非常に残念。やっぱり刑務所なんて行くもんじゃないね...とは思わさせてくれなかった。

そしてヴィング・レイムスのおじきが演じたアイスマンは、マイク・タイソンまんま。ヘビー級のスーパースターでレイプの罪で刑務所入り。「Don King : Only in America / リングサイドの帝王/ドン・キング・ストーリー (1997) (TV)」でドン・キングを演じていたヴィングが、今回はマイク・タイソンを演じているのが面白い。ウェズリー・スナイプスは、今実際に刑務所かー。感傷的になるわー。ああやってマッチ棒で色々と作ってるのかしら?まだ誰にも負けてないのかしら?と思ってしまったり。他にも色々とサブキャラクターが居ましたが、イマイチキャラクターが膨らんでないんですよね。あのネイティブアメリカンの人とか気になるわ。

マスターPが兄弟のCマーダーとかシルク・ザ・ショッカーと出演し、ラップバージョンの国歌斉唱。ボクシングのMCは、エドラバー。どうもヒップホップ系。だけど男臭くない。

つーか、Cマーダーにウェズリー・スナイプス...この映画の後に未だに実生活で刑務所暮らしな人多すぎだぞ!スパイク・リーがウェズリーに手紙書け!と推奨しているので、書いてみようかなー。

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)