SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Undisputed / デッドロック (2002

Cast >> Wesley Snipes (Monroe Hutchen), Ving Rhames (George 'Iceman' Chambers), Peter Falk (Mendy Ripstein), Michael Rooker (A.J. Mercker) ...
Director >> Walter Hill
Writer >> Walter Hill, David Giler
Producer >> Walter Hill, Wesley Snipes
Genre >> Action

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Undisputed B-rated Kings, Snipes and Rhymes represented
カリフォルニアの砂漠地区にある監獄にて、モンロー(ウエズリー・スナイプス)は、負け無しのボクサーだった。そこにやってきたのが、スーパースターのヘビー級チャンピオンボクサーのアイスマンヴィング・レイムス)だった。2人は戦うように仕掛けられていく...

今となっては珍しくはない、監獄ボクシング映画。カルト人気の「Penitentiary / 日本未公開 (1979)」があり、当時の若者に強いインパクトを残している。監獄の生々しさ、拳闘ボクシングの荒々しさを、「The Warriors / ウォリアーズ (1979)」で若者の欲望を見事に生々しく、そして荒々しく描いたウォーター・ヒル監督には、それらを描く事は容易に見えた。しかし、割りと今風に作っていて、監獄映画らしい緊張感は余りなかった。マスターPを前面に使った粗野なラップと共にそれを描こうとはしていたが、思ったよりもスタイリッシュ。アメリカではまだ「OZ」が放送していた時期なので、多分あれ以上のものを観客は求めていたと思う。しかしウエズリー・スナイプスとヴィング・レイムスという2人のスターが見せている。スナイプスは冷静沈着なそれこそ「Iceman」ぽいボクサーを演じ、レイムスは完全にマイク・タイソンを思わせるワイルドなボクサーを演じている。

ラストは上手いこと描かれている。ウエズリー・スナイプスやヴィング・レイムスの使い方も上手い。でも今風に作った割りには新鮮さを感じなかった。

(3/10/12:DVDにて鑑賞)