SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Soundtrack for a Revolution / 日本未公開 (2009) 767本目

歌についての映画が続いてますが... 今回は1960年代の公民権運動で使われた歌にスポットを当てたドキュメンタリー映画。当時、公民権運動で活躍していた人々が自分が参加した運動とその時に使われていた歌について語り、ジョン・レジェンドザ・ルーツアンジー・ストーン等がその曲を歌う。
公民権運動ではその局面毎に心の支えとなった曲があった。1955年から始まったモントゴメリーのバスボイコットでは「Wade in the Water」、学生達が始めたシットインでは「Everybody Says Freedom」、フリーダムライダーズでは「Which Side Are You On?」、セルマの血の日曜日では「Ain't Gonna Let Nobody Turn Me Around」等。興味深いのはシットインの「Everybody Says Freedom」ですね。白人の学生達も参加し始めた事もあって「Everybody」なんでしょうね。

また当時に実際に活躍していた人々が語るのが興味深い。今は政治家として活躍するジョン・ルイスはシットインからはほぼ全ての運動で実際に活動してるのですね。でもそのジョン・ルイスが「セルマの血の日曜日の時には本当に死ぬかと思い覚悟した」と語っていた。そして沢山の人々が他ではあまり聞けない話しも聞かせてくれている。マーティン・ルーサー・キング牧師が銃で撃たれて倒れた時、救急車の手配をしようと電話をかけたが、そのオペレーターはあまりの事態に心臓発作を起こしてしまったとか...

在り来たりな言葉かもしれませんが、歌によって一つになり、そして心の支えになっていた事が良く分かります。

うーんでも最後のラストショットがオバマ大統領の宣誓シーン。あれは要らなかったかもー。

感想やオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)