SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

John Lewis : Good Trouble / 日本未公開 (2020) 1762本目

良い困難に立ち向かうのは必要な困難『John Lewis : Good Trouble』

先日、7月17日惜しまれつつ他界したジョン・ルイス議員。彼の葬儀は、故郷アラバマ州トロイ・セルマ・DCと各地で何日にも渡って行われ、国葬とも思えるほどに執り行われた。何度も書いておりますが、ずっと尊敬しておりました。遅読家ゆえ、本を読むのが得意とは言えない私ですが、彼の聖書のように分厚い自伝はしっかりと読みました。ちゃんと読んだから、尊敬出来ることも知っている。この尊敬の気持ちを一度手紙に託そうかと考えていたのですが、ちょうどその頃に手紙に毒物を含ませる事件が発生していたので、手紙は受け取らないとのことで諦めたことがある。なぜ、そんなにジョン・ルイスのことを尊敬しているのか? このブログの最後までには説明出来たら...

一緒に下院議員として活躍していたイライジャ・カミングス議員、後輩にあたるアレクサンドリア・オカシオ=コルテス議員、彼らは口々にジョン・ルイス議員の功績を称えている。そしてジョン・ルイス本人は、1965年のセルマからモントゴメリーの行進の時に、エドモンド・ペタス橋で警官たちに警棒で叩かれている映像を見ながら「あの橋の上で、私は死ぬかと思った」と回想する。ジョン・ルイスの功績を追うドキュメンタリー映画

1940年、アラバマ州トロイという町で10人兄弟の3番目として生まれたジョン・ルイス。実家は農家で生計を立てていたが、彼は小さい頃から牧師になりたかった。本作では、実家の鶏小屋で餌をあげている映像なども観られ、小さい頃に鶏相手に牧師の練習をしてた片鱗が伺える。そしてジョン・ルイスの側近には、鶏小話が有名なようで、みんなから「鶏の話やってー!」と言われるシーンもある。本当に素な人である。側近に好かれ、大事にされている様子もよーく分かる。そのように後輩たちを大事に育てているのだとも知る。ジョン・ルイスは、地元の有名大学トロイ大学に入学したいと思っていたが、その大学は人種融合しておらず、その頃は黒人が入学することは出来なかった。入学の申請をするが、落とされてしまう。その時に、既にモントゴメリーのバスボイコットで知られていたキング牧師に手紙を書いて、会いに来るよう言われて、会っている。結局、ジョン・ルイスはトロイ大学ではなく、テネシー州ナッシュヴィルにある神学校に入学して、小さい頃からの夢である牧師を目指すのだけど、そのナッシュヴィル学生運動が盛んで、ジェームズ・ローソンやC.T.ヴィヴィアンやダイアン・ナッシュと知り合い、ナッシュヴィル・シットイン運動に参加し、公民権運動に傾倒していくのです。そう、ジョン・ルイスは自分の足で権利獲得を目指して切り開いた人。フリーダム・ライダーズでも頭や口に怪我を被い、セルマの行進でも頭などから出血、それでも屈することなく、キング牧師の意志を継いで、非暴力を最後の最後まで貫いた。だからです。議員となってからも、非暴力の声を絶やすことはなかった。オバマ大統領選の時には、ヒラリーへの義理もあったので、中々支援の声をあげることはなかったけれど、最後にはオバマ支持として支援した。そして、最後の最後まで、投票権の大切さを語り、トランプからの阻止を何とか食い止めようとしていた。容易いことでは決してなかった。本作でも、ジョン・ルイスの兄弟姉妹が「ジョンの体もだし、家も嫌がらせされるのではないかと、怖かった」と語っている。

決して屈しない。「良い困難に立ち向かうのは必要な困難」と常に語るジョン・ルイス。そして、「立ち向かうことを決して恐れないで」とも言っていた。彼の勇気と信念を知る。そしてそれを決して忘れない。

www.blackmovie-jp.com