SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

I Am MLK Jr. / 日本未公開 (2018) (TV)

人はキング牧師を語ると熱くなる『I Am MLK Jr.』

https://cdn-ak.d.st-hatena.com/diary/blackmovie/2018-05-08.jpg
「本当にキング牧師の事心底尊敬しているんだね」と、いつだったか夫に言われた。多分何かがきっかけでキング牧師について熱く語ってしまったんだろう。確かに心底尊敬している。アクション映画も格闘技もプロレスも好きだけれど、この人ほど強い人を私は知らない。右の頬を叩かれたら、左の頬を差し出すって事が、私には相手に屈した事だと思わないし、それこそ本物の強さだと思っている。キング牧師の事は他の活動家を比べられ、穏健派とかいう言葉で片付けられやすい。それゆえに、「やわ」とか「弱い」とか思われる。いやいや、キング牧師こそ、公民権運動家最強にラディカルな人だった。暴力に暴力で対抗しても、何も生まれない。銃に銃で対抗しても、死者と悲しみと憎しみが増えるだけ。キング牧師は、暴力や罵詈雑言に対して、丸腰で正義だけで激戦地にて戦った人。相当の覚悟と勇気がなければ出来ない事。私にとっては、勇気や覚悟が必要ない銃に銃で対抗する人こそが、弱い者だと思っている。という訳で、キング牧師没後50年というとても悲しい日に放送されたこの作品を。

1955年にキング牧師先導で始まったアラバマ州モントゴメリーでのバス・ボイコット。キング牧師の側近や実際に運動に参加した人たち、そしてNBANFLスターたちまでもが、キング牧師を語り、キング牧師の姿を追うドキュメンタリー。

割りとオーソドックスというか、今のドキュメンタリーらしい、語りが多いドキュメンタリー。そこにゴスペルの歌を挟みながら進んでいく。キング牧師マニアを名乗る私には、目新しい情報も映像も何一つなかった。楽しみとなるのは、様々な人々がどのようにキング牧師を語るのか?だと思う。正直、NBANFLニック・キャノンの語りは、キング牧師の側近などに比べると、やっぱり深みが無いので要らなかった。まあ一般の声を代表しているという点で、入れたのかもしれない。アンドリュー・ヤングやクラレンス・B・ジョーンズの話の方がやっぱり数倍面白い。アンドリュー・ヤングは、1968年4月4日にキング牧師が暗殺されたその瞬間にも隣に居た人だから。アンドリュー・ヤングは知名度あると思うが、クラレンス・B・ジョーンズはあまり知られていないと思う。有名な弁護士で、キング牧師の側近の1人。キング牧師にとって4月はとても憂鬱な月でもあり、1963年にはアラバマ州バーミングハムで、抗議行進中に逮捕され、刑務所に入っている。そこで新聞の切れ端などにメッセージを書いて渡したのが弁護士として接見出来たクラレンス・B・ジョーンズ。そのメッセージは「バーミングハム監獄からの手紙」として有名になった。日本でも翻訳されている「黒人はなぜ待てないか」の第5章がそれにあたる。と説明が長くなったが、そのクラレンス・B・ジョーンズが語るキング牧師がとても好き。彼が「私はマーティンを愛していたのだ」と嗚咽するので、私もつられて嗚咽した。

他にもリトルロック・ナインのミニージーン・ブラウンとか、バーミングハムでキング牧師と行進した少女の1人マミー・キングの話も聞ける。

キング牧師に関する映画はこんなに沢山ある。この映画はそれを代表する事はなさそうだけど、その一つとして見るのにはおススメ。コンパクトにまとめられている。

I Am MLK Jr. / 日本未公開 (2018)(4点:1635本目)