SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Black Dynamite / 日本未公開 (2009)

Cast >> Michael Jai White (Black Dynamite), Arsenio Hall (Tasty), Tommy Davidson (Cream Corn), Obba Babatunde (Osiris), Buddy Lewis (Gunsmoke), Brian McKnight (Sweetheat), Phil Morris (Saheed), Miguel A. Nunez Jr. (Mo Bitches), Salli Richardson (Gloria) ...
Director >> Scott Sanders
Writer >> Michael Jai White, Scott Sanders, Byron Minns
Producer >> Jon Steingart
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

I can dig it.
巷ではアナコンダビールや新しい麻薬が出回り地域を脅かしていた。そんな頃、ブラック・ダイナマイト(マイケル・ジェイ・ホワイト)は元CIAエージェントだったが、今はお金の回収をしていた。弟のジミーが麻薬の売人に殺された知らせを受けた。弟を死に至らせた銃弾は、一般には出回っていないものだった。ブラック・ダイナマイトはCIAから殺しのライセンスをまた手に入れたのだった...

この映画はブラックスプロイテーションへのオマージュというよりも、ブラックスプロイテーションそのものなのである。当時の映像を再現しようと、リバーサルフィルムでわざと画像を暗くしているのも雰囲気があっていい。そうなのだ「アンダーカバー・ブラザー (2002)」みたく今風なパロディコメディを作れば良かったのかもしれない。しかしこの映画の試みは全然違うのだ。この映画の為に作られた音楽にもそれは表れている。この映画のDVDには「NG集」も収録されていない。なぜなら映画そのものにNGを足してしまっているからだ。また映画の話の枠組みから離れても、ブラックスプロイテーションから台詞やシーンを挿入してしまっているほど、どうしようもない愛おしいブラックスプロイテーションなのである。

でもこの映画の一番の笑いどころは、主演のマイケル・ジェイ・ホワイトジム・ケリーを演じ切っているつもりでも、本家のジム・ケリーよりもマーシャルアーツの切れが良く、演技が上手い事に本人達が気付いていない所である。そこもまたブラックスプロイテーションの妙なる魅力なのだ。


(2/16/10:DVDにて鑑賞)