SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Freaky Deaky / 日本未公開 (2012)

Cast >> Billy Burke (Chris Mankowski), Christian Slater (Skip Gibbs), Crispin Glover (Woody Ricks), Michael Jai White (Donnell Lewis), Breanne Racano (Robin Abbott), Sabina Gadecki (Greta Wyatt), Andy Dick (Mark Ricks), Gloria Hendry (Sgt. Maureen Downey), Page Kennedy (Booker), Leonard Robinson (Juicy Mouth), Bill Duke (Wendell Robinson) ...
Director >> Charles Matthau
Writer >> Elmore Leonard (novel), Charles Matthau (adaptation)
Producer >> Charles Matthau

総合ポイント3.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 3 音楽 >> 4

No Freaky Deaky
1974年頃のデトロイト。爆弾処理班のクリス(ビリー・バーク)は、セックス犯罪課に移動させられた。そこにやってきたのが、美女グレタ。彼女は大金持ちのウッディ(クリスピン・グローバー)にレイプされたと告白する。あまり捜査する気のないクリスだったが、ウッディの弟がウッディのリムジンに仕掛けてあった爆弾で死亡した事もあって、グレタを助けるつもりで、捜査を開始。しかし、ウッディの右腕ドネール(マイケル・ジェイ・ホワイト)が中々簡単に捜査をさせてくれない。そして、ロビンという女性とスキップという男性がウッディのお金を狙っていたが...

人気作家エルモア・レナードの原作を、ウォルター・マッソーの息子が監督。レナードとマッソーという名前だけで面白いに違いないと、映画ファンは感じてしまう。なんでも原作はレナード作品の中でも人気の高い小説。しかも70年代のデトロイトというだけで、ブラックスプロイテーションだったら最高の環境だ。しかも”ブラック・ダイナマイト”事、マイケル・ジェイ・ホワイトが元(ブラック・)パンサー党員という、キャスティングでも泣ける。さらには、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のクリスピン・グローバーがこれまた気持ち悪いお金持ちを、いつも以上に気持ち悪く演じている。しかし、映画はそのデトロイトの雰囲気はまるで無いし、70年代の気味悪さもレトロな衣装なのに全く感じられない。グレタとロビンも綺麗で見ごたえあったが、やはり70年代を感じる事は無かった。完全に演出の失敗である。

まあ正直若干キャスティングを変えて、クェンティン・タランティーノが監督だったら、面白かっただろうなーとは思ってしまう作品である。レナードの無駄使い。

(5/2/13:DVDにて鑑賞)