SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

映画秘宝 11月号

映画秘宝 2016年 11 月号 [雑誌]

映画秘宝 2016年 11 月号 [雑誌]

ブログでのお知らせが遅くなってしまいましたが、9/21(水)発売の映画秘宝11月号にて、大好きな黒人ヒーローたちについて寄稿させて頂きましたよ!今回は大好きな『Blankman / ブランクマン・フォーエバー (1994)』について書けるという事で超泣きました。有名な媒体でブランクマンの事が書ける日が来るなんて、20年前の私に教えてあげたい。そしてそれだけでなく、『The Meteor Man / スーパーヒーロー・メテオマン (1993)』、TVアニメ版『Black Dynamite / ブラック・ダイナマイト (2011-2015)』、『Abar, the First Black Superman / 日本未公開 (1977)』、『Up, Up, and Away! / 日本未公開 (2000)』、『Welcome Home Brother Charles / 日本未公開 (1975)』、そして公開が待ち遠しい『ブラック・パンサー』という大好きなヒーロー達を書かせて頂きました。号泣ものですよ。
ちなみに「Abar」と書いて、アバーじゃなくて、エイバーと読みます。このエイバーは、黒人初のスーパーマンなのですが、コスチュームもないし、飛んだ所も見たことない。でも...泣ける黒人”超”ヒーローです。詳しくは紙面で。『Welcome Home Brother Charles』はお願いして足してもらった程好きな作品です。黒人神話を逆に手玉にとって (色々とかけてます...)成敗していく面白映画です!前頁では、『ルーク・ケイジ』のマイク・コルターがブラックスプロイテーションを語っているので、ブラックスプロイテーションのリベンジヒーローから90年代に増えたコメディチックな愛すべきヒーローたちを経て、そしてその二つを合併した『ブラック・ダイナマイト』が出来て、そして今の正統派・社会派『ルーク・ケイジ』にようやくたどり着けたという感じで、上手くまとまってましたよね!ギンティさん!!!そして「最強新聞の黒いおかみさん」という最高の称号をありがとうございました。大事にします。
今回こんなに沢山の愛すべきヒーロー達を書かせて頂き、楽しくて楽しくて。やっぱりヒーロー映画は好きだなーと改めて思った次第です。

という訳で、『スーサイド・スクワッド』のマッドなラブリーカップルが目印だよ!よろしくお願いいたします。