SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

追悼バーニー・ケイシー

I'm Gonna Git You Sucka / ゴールデン・ヒーロー/最後の聖戦 (1988)』や『Hit Man / 日本未公開 (1972)』などで知られるバーニー・ケイシーが、火曜日(9/19)にロサンジェルスの病院で他界した。78歳だった。死因などは明らかにされていないが、数日前から病気で病院に入院中だった。

バーニー・ケイシーは、ジム・ブラウンのフォロワー的な存在で、元々は1961年にNFLのサンフランシスコ・フォーティナイナーズに1巡目9位という高い順位でドラフトされたNFLのスター選手だった。ポジションはワイドレシーバープロボウルNFLのオールスター戦)にも参加しているので、NFLでの人気の高さが伺える。NFLドラフト前の大学時代には陸上競技(特にハードル)で3年連続地区大会で勝利している。

しかし元々芸術に興味があったケイシーはあっさりとその輝かしいNFLの道を捨てる。ドラフト前に通っていた大学に戻り美術科の修士学位を取ろうとしていた。NFLはケイシーにとって足がかりの一つだったのだ。当時のインタビューでこう語った。「人々は驚異的な才能の組み合わせを持っている。ある人は海に潜る仕事をしながら、素敵な陶器を作る人までいる」。そしてケイシーは25歳の頃から演技の訓練を受けていた。NFLシーズン8年で引退。

映画デビュー作は『荒野の七人』の続編『新・荒野の七人 馬上の決闘』(69年)。その次は、ジム・ブラウンが主演の『...tick... tick... tick... / …チック…チック…チック (1970)』に出演。そして3作目にしてブラックスプロイテーションの『Black Chariot / 日本未公開 (1971)』に出演。そしてテレビ映画の名作『Brian's Song / ブライアンズ・ソング (1971) (TV)』では、フットボール選手を演じた。

その後はブラックスプロイテーションの主演や出演などを中心に活躍していく。ブラックスプロイテーションのエポックメーキングの一作『Cleopatra Jones / クレオパトラ危機突破/ダイナマイト諜報機関 (1973)』では、主役クレオパトラジョーンズの恋人役を演じている。そして悲劇のNBA選手を演じた『Maurie / ビッグ・モー (1973)』のタイトルロール、ブラックスプロイテーションのファンのカルトフェイバリットである『Hit Man / 日本未公開 (1972)』、そしてイロモノ好きにはたまらない『Dr. Black, Mr. Hyde / 日本未公開 (1976)』などでは主演を務めている。そしてブラック・マフィア・ファミリーのジョージ・ジャクソンとアンジェラ・デイビスをモデルにしたポリティカル・ブラックスプロイテーションの『Brothers / 日本未公開 (1977)』でも主演を演じている。そしてなんと言ってもブラックスプロイテーションのパロディコメディ『I'm Gonna Git You Sucka / ゴールデン・ヒーロー/最後の聖戦 (1988)』にて、あのジム・ブラウンやアイザック・ヘイズよりも重要な役割である主演を助けるメンター的な役割をするジョン・スレイドを演じている。本当に幅広いジャンルのブラックスプロイテーションで活躍してくれた。

80年代以降は、ジェームス・ボンドの『ネバーセイ・ネバーアゲイン』や、TVシリーズスタートレック:ディープ・スペース・ナイン』のカルビン・ハドソンなどの誰もが知るシリーズに出演したり、『ビルとテッドの大冒険』や『ナーズの復讐/集結!恐怖のオチコボレ軍団』に『スパイ・ライク・アス』などのコメディの名作にも出演している。

ブラックスプロイテーションだけでなく、アクションからコメディまでと多方面で活躍してくれたベテラン俳優でした。ここに書いた作品で観れた作品はほぼみんな好きだし、どこで見ても本当にいつもダンディでカッコ良くて素敵だった。いつも素敵な男性像をありがとうございました。私はずっとずっとそんなバーニー・ケイシーが大好きでした!亡くなってもう姿を見れない事は寂しいし辛いけれど、病院で愛する人々に囲まれて亡くなったと聞けた事は唯一の救い。どうか安らかに。

Bernie Casey, former Rams player turned actor, dies at 78