SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

When the Bough Breaks / 日本未公開 (2016) 1499本目

最近、年に1本位あるのがブラックムービー系サスペンス(ちょっとだけエロチックに)の、今年の1本がこれ。去年のそれ枠であった『The Perfect Guy / パーフェクト・ガイ (2015)』に出演していたモリス・チェスナットが主演。黒人版『ゆりかごを揺らす手』などと言われておりますが、ちょっとだけ違うかなー。まあそう言われるのには所以がある。この映画タイトルは子守歌「ロッカバイベイビー」の一節から取っており、その後に続く節が『ゆりかごを揺らす手』の原題(The Hand That Rocks the Cradle)とはイコールではないのだけど、太文字の部分が続く部分で、ほぼ同じなので匂わせている訳ですね。というか、題通り『ゆりかごを揺らす手』の前段階である妊娠中に起きるサスペンス。こちらは代理母という設定なんですね。女性が幸せな家庭に入り込んで...のサスペンスという事でまあ似ているのは似ている。
まあ想像通りの展開です。ハラハラはする。けど1回キリのパターン。また見たくなる事はないかなー。と。一番イライラしたのが、警察の到着が「ええええーーーーーえええ!」って位無茶苦茶早い時と、次の朝来るパターン。都合良すぎwww ただ、モリス・チェスナットは良い人そうなので付け込まれて、ああいう風に女性に言い寄られそうだとは思った!
でもこういうブラックムービーのセクシー系サスペンスって、どんなにセクシーで芸達者な人が演じても物語が安くてギャグ映画になっちゃうんだよねー。いつもケラケラ笑ってしまいます。『Obsessed / オブセッション 歪んだ愛の果て (2009)』しかり、『The Perfect Guy』しかり... まあまあ頑張っていたのが『No Good Deed / 善き人に悪魔は訪れる (2014)』かなー。でもやっぱり笑っちゃうんだよね。でもこの映画『オブセッション』や『The Perfect Guy』ほど笑えないんだよね。あ、サスペンスか。
(3点/5点満点中)
When the Bough Breaks / サロゲート -危険な誘い- (2016)